10日目「就活」

こんばんは。今日もお疲れ様です。
今日は今立ち向かっている就活について書いていこうと思います。
ただ、僕は別に偉いわけではないので、ただ感じたことを書いていきます。
(あらかじめご了承ください。)

就活って難しくないですか?高校を選ぶのも大学を選ぶのも基本的に学力(面接除く)じゃないですか。要するに自分の力だけで基本は受かるんですよ。だし、選ぶ選択肢も少ない。今振り返るととても楽なんですね。
ただ、就活は恐ろしいほどある企業の中から、自分のやりたいことを考えて選んでいかないといけない。そして、そこの会社に入るためにもいろいろな要素が必要。学力、性格、言語化スキル、情熱、運などなど。

ほんと難題なんだい!(激寒)
やってきたからこそわかることもたくさんあります。だけど、やっていくとわからなくなることもあると思ってます。たくさんの企業を見ていると、果たして自分がやりたいことって何だっけってなったり、すると思うんです。

僕は、今そこをようやく言語化できそうなところです。将来どういう人間になりたいのか表現できるようになるまで、あと少し。これがわかれば、現在地と比べて何が足りないのか。これを補うためにはどのようなことが必要なのか。どういう環境に身を置くべきなのか。こういったことがわかるようになりそうです。

ああ。これが就活でいう自己分析ってやつなんだなあ。
この前友人と話していてようやくわかった気がします。

自分ってどんな人かをただ考えていても正直わからなかった。エピソードを出して理由を考えても、一貫したものが感じられなかった。それはきっと、一貫したことを考えずに生きているからだ。と最近気づきました。

就活って方法論が横行してる。でも、自分について振り返るのって、人によってやり方が違うと思ってます。これをやれば内定が取れるとかって、責任持てるんですかね。僕は絶対責任持てません。(ああ、近日中に責任っていうタイトルのものが書けそうです)

就活に正解も何もないと思うんです。ただの決断。ゴールを自分で作る営み。ただ、それを正解にするためにこれから取り組むための決意表明だと思ってます。

だから、いろいろな人たちの話を聞きながら、とりあえずやってみる。これを繰り返す方が、一つのやり方に固執するよりよっぽどいいと思うんです。
たくさんの価値観に触れられる機会なんですから。

とまあ、自分はこう思うっていうことをひたすら述べました。
僕もまだまだの人間なので、これからもっと成長できるように頑張ろうという意志はあります。今、行きたいなと思っている会社さんにまずは内定をもらうことをひとまずの目標として。就活のゴールとして頑張っていこうと思ってます。

本日は以上です。読んでいただき、ありがとうございました。おやすみなさい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!!
20
北海道の大学4年生です。これまで感じてきたこと・考えてみたことについて書いています。就活・勉強などについてや、自分の習慣などについてのトピックが自然に多くなっています。 読みやすい文章・毎日投稿目指して頑張ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。