見出し画像

38日目「成長って?part3」

こんばんは。今日はいい天気でした。走るのにもってこいでしたが、予定が詰まっていて、あまり走る時間がなかったです。残念。ペース上げたら脇腹が痛くなってしまいました。つらみ。

今日は一昨日、昨日に引き続き、成長と「成長」について書いていきます。
2日間の記事は以下の通りです。

ということで、昨日の続きから。
①何をもって成長とするのか。
②「成長」するために何をするべきなのか。
この2点について書こうと思って、熱弁しすぎて①で止まってしまいました。今日は②についてです。

②「成長」するために何をするべきなのか。
前提として、成長は仕事をすることによって自然とするものとしています。
今回取り上げるものは「成長」です。
成長と「成長」の違いについては前のものを読んでください、、(ざっというと、「成長」は就活でよく言うやつです。圧倒的成長とかそのたぐい。)

「成長」するために何をするべきなのか。難しい。とりあえず列挙してみますね。
主体的に仕事をする・チャンスを自分でつかみに行く・量をこなす・休日でもビジネスの勉強をする・「成長」できる環境に身を置く・自分と同じ成長のベクトルを置いている企業に入る

こんなところじゃないですかね?いや、まだ会社にも入ってないし具体的イメージが出来ていないんですけど。
思ったこと。
成長するためにやることと、「成長」するためにやること、大差ないのでは?
結局意識の問題の差だと思うんです。
「成長」しようと思ってやるのか、そうは思っていないけどしっかり仕事ができるようになりたい(=成長したい)からやるのか。
心としてのよりどころ、熱量は違うかもしれないけど。

でも、これやったらたぶん成長するじゃないですか。
「成長」かどうかはおいといて。

いや、わかんないですけど、考えれば考えるほど、「成長」って何なんだろうって思えてくるんですよね。

やっぱり、自分で「成長」を軸とするなら、「成長」と成長についてしっかりじっくり考えたほうがいいと思います。最低限。
なんで「成長」じゃないといけないのかとか。

僕は「成長」を求めて就活するのはやめました。なんか違ったから。
これについては、就活が終焉したら振り返っていこうと思っているので、詳しくは割愛。
僕は仕事をする中で成長できると思っている。とだけ言っておきます。

きっと「成長」にはそれぞれの定義があります。過去・現在・未来からたぶん定義できるし、していると思います。
きっとそれでいいんです。「成長」なんて人による言葉、正解なんてないと思うんです。あるなら言ってくれない方がだめです。
もしあるなら模範解答はしっかりわかりやすく一般に広めてくださいよ。笑

と、いうことで僕が成長と「成長」について書いていくシリーズは以上です。十分長くなってしまいました。もっと端的に書けたかもしれませんが、だいぶ満足しました。
(このnote自体自己満足のためにやっているみたいなところもあったりするので悪しからず)

今日も読んでいただきありがとうございました。おやすみなさい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!!
5
北海道の大学4年生です。これまで感じてきたこと・考えてみたことについて書いています。就活・勉強などについてや、自分の習慣などについてのトピックが自然に多くなっています。 読みやすい文章・毎日投稿目指して頑張ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。