見出し画像

【年収公開】会社員CGデザイナー15年目の現在とこれから。

23歳からCG業界のキャリアを始めて、現在15年目の会社員CGデザイナーです。

これまで転職・出向合わせて計9社の開発現場を経験してきました。
幸いなことに(?)底辺ブラック会社から一部上場企業まで、それぞれが抱えるおカネ事情も見ています。

スキル次第で年収が青天井!のフリーランスと違い、会社員は色々な理由で年収が左右もされれば上にフタもされる道です。

"CG業界で働いてみたいけど、CGデザイナーの給料って実際どんな感じ?"
"就業中だけど、転職したことないからよその会社事情がよく分からない"
"単純に30代後半のCGデザイナーの年収が知りたい"

こんな方には一つの参考になるかも?と思っています。

決して華やかではないし、かといって食ってくのがやっとのジリ貧というわけでもない、会社員CGデザイナーとしては中間的なキャリアです。


以降はこんな感じでまとめています。

・15年前の新人時代から現在まで、どのような経緯で年収が推移したか
・それぞれのターニングポイントで年収が上がった理由
・ゲーム・アニメ・遊技機それぞれの業界で感じるおカネ回りの雑感

ネットの口コミや求人募集だけではなかなか見えてこないCG業界のおカネ事情について、平凡なCGデザイナーの一例としてご覧ください。

これまでの年収推移【2005年~2020年】

新卒で就職した1社目から現在の4社目まで、年収と待遇について順にまとめました。

1社目 アニメ制作下請け / 業務委託
2005/9~2011/8

専門学校を卒業して最初に入った会社はアニメ制作の下請け会社でした。

30人程度の小さなCGスタジオで、徹夜・パワハラが常態化した超ブラック環境。初手からなかなかパンチのある会社に入ったなと思います。

労働環境はいわゆる「アニメ業界の働き方」に近かったですが、お金の話でいうとそこまで底辺ブラックでもなく、初年度の報酬が源泉抜きで20万円スタート。

22万2222円の報酬から源泉徴収10%引かれて手取りが20万円、みたいな感じでした。業務委託なのでそのあと自分で保険・年金・税金を払って、実質の手取りはその7割くらい。

毎年決まって1万円ずつUPしていったので業界的にはマシな方です。

途中で体(心)を壊して休職しつつ勤続6年で年収70万円UP。最終の月額報酬は約26万円でした。

業界7年目
職種:3Dデザイナー
最終年収:310万
ひとこと:デキるやつはちゃんと3年目で辞めていきます。


2社目 パチスロ開発一次請け / 正社員
2012/3~2014/9

社会人8年目にして初めて会社員に。規模50人未満の会社にCGデザイナーとして入社しました。

この続きをみるには

この続き: 4,793文字

【年収公開】会社員CGデザイナー15年目の現在とこれから。

こまっと

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やった!ありがとうございます。
3
こんにちは。3DCGデザイナーのこまっとです。ゲーム会社勤務&CG系専門学校で講師をしています。 アニメ・ゲーム業界をめざす人たちに向けてCGアニメーターブログ「CG Anim Log」運営中。このnoteではCG業界の内側の話や会社員デザイナーの働き方について発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。