見出し画像

パプリカから読み取るデザインが上手くなる方法

デザインがちょっと上手くなるテクニックを教えちゃいます。永久に使えて、実行するのが楽しい方法です。むしろ一流のデザイナーはだいたい、やっているテクニックだと思います。

パプリカから選ぶデザイン

画像1

いきなりですが問題です。どの「パプリカ」のロゴが良いデザインですか?
デザインと言ってもフォントをただ打ってだけですが…

真剣に考えて下さい。

好みでも、デザイン的に良いと思うのでもOKです。

答えは、

1かな…

2かな……

3かな………

4かな…………

答えは全部正解です。つまり、見てる方は全員正解!

理由

なぜなら、どんなパプリカかわからないからです。
では上側の小さいコトバを、別のコトバに変えてみます。

画像2

かわいい子供達が唄う歌なら①が良さそうだし
長編アニメなら②もなかなかカッコイイ
スーパーで野菜を売るなら③もインパクトがある
余韻のある小説なら④は魅力的です。

デザインと背景

つまりデザインするモノゴトの背景がまずあって、デザインは決まる。

デザインより先に物事の背景・伝えたいコトがあるんです。

すごいデザイナーって、話し上手と言うより聞き上手
背景にある情報を引き出すのがウマイ!

あらかじめたくさん情報を持っているのに、さらにたくさん引き出す。そんなイメージです。

今日から、私も聞き上手になって、デザイン上手になろう。

デザインが上手くなる方法でした。最後まで読んでくれてありがとう!

📝memo 今回の記事を一言で表現すると
もっと聞き上手に! もっと背景を知ろう!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、よかったらフォント制作の元気を下さい。新作フォントを頑張って制作します。

私も大スキです。
236
地方に住んでいるフォント好きデザイナーによるnoteです。始めてフォントを使う人、もっとフォントを活用したい人に向けて情報発信します。デザイナーやフリーランス向けのお役立ち記事なども時々書くよ【経歴】著書9冊。1人で370書体制作。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。