スタートアップに参画する理由

スタートアップに参画する理由は、
・面白そう(事業内容、経営者、成長ステージ)
・世の中の役に立ちそう(構造改革、ユーザーペインの解決)
・自分の経験になる(仕組み、組織、プロダクト作りを学べる)
・金銭的メリットがありそう(ストック・オプション)
などが多いです。

この4つの要素が薄れてきたら、「成長実感(存在意義)が薄まった」という理由で他の会社に転職することが多いですし、また自分でやったほうが面白そう、稼げそうと感じたタイミングで、起業したり、より小さなスタートアップに転職することもあります。

ビジネスパーソンには「仕組みを作れる」経営者、ファンドの人たちが最も価値が高く、リターンも大きいです。
次に大きいのが、「その仕組みに早い段階 or 良い形で乗った」人です。
創業10人未満とか、CXOでの入社がそれにあたります。

その意味では、仕組み作りを学んだ上で、自分でやってみるというのは、キャリア形成において有力な選択肢の一つだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ネット業界を中心に人材エージェントとしてサービスを提供。 的確な情報提供、徹底したフォロー体制、マッチング精度の高さには、一定の評価をいただいていると思います。