見出し画像

豊かな人生とは

こんばんは、
オフィスでひとりぼっちの上田です。

最近、
自分の事業のことを
考えるのがとっても楽しいです。

きっとうまくいってるからでしょう。


でも、
「何かに熱中する!!」

って人が近頃少ないような気がします。

「適度に仕事して、適度に休日を楽しむ」

っていうのが、
最近の時代の流れなような気がしますね。

僕の事業(フリーランスエンジニア)なんて思想がモロ被りです。


実際問題、

「適度に仕事して、適度に遊ぶ」

っていうのは効率のいいようにも思えます。

安価で遊べるものは
世の中に溢れかえってますし。

スマホゲームとかもね。

みんなハマってるじゃないですか。

だから適度でも、無難に楽しく生きられちゃうんですよ。


ただ、そういう生き方って
実は効率が悪かったりします。


「適度に」

っていうと聞こえはいいですが、
要は情熱を注がずに、だらだらと

っていう意味です。


そうすると、残業が増えたりとか、
あるいは遊ぶっていっても、
時間が中途半端にしかないので、
遊ぶ範囲も限られてきてしまいます。


僕も一人でオフの日や
誰かと遊ぶときは、
基本的に平日ですが、

別に朝、仕事を終えて、
で、昼から夜までフルで遊びまくる
ってことは日常茶飯事です。


なので、「適度にやる」のは
仕事も遊びも、中途半端になりがちってことです。


そして、中途半端になりがちなのは、
やはり時間の使い方が甘いからですね。



例えばスマホ。


年がら年中触ってますよね。


若い人はもちろん、
お年寄りまでスマホを触りまくる時代です。


まぁ、僕もそうなので
人の事は言えません。


基本、ずーーーっとスマホかPCを触ってました。


ただ、これやめようと思ったんですね。


だって、これやってると、
大切な時間があっという間に過ぎてしまうんですよ。


しかも多くの人は、

「必要だからスマホを使っている」

っていうよりは、

「暇つぶしのためにスマホを使っている」


っていうことのが多いんです。


「いやいやそんなことはない!私は仕事のためだけにスマホを使ってるぞ!」

っていう人も、

集中力には波がありますから。


集中できてない時間も多いはず。

というか、1つの作業に対して
人間が集中できるのは、
せいぜい30分~1時間が限界です。

ってことは、集中できない余分な時間は
やはりだらだらしちゃってるし、
暇つぶしとなんら変わらないんですよ。



そこで自分自身にぜひとも聞いてほしい質問が、


「今の仕事を半分の時間で終わらせて、月の稼ぎも増やすにはどうしたらいいですか?」


というこの質問です。


この質問をされた瞬間に、
頭の中が、カチッと切り替わるはずです。


今までの仕事の仕方では
確実に実現できないことでしょう。


だからこそ混乱するはずですし、
だからこそ意味があります。


自由になりたい

って人は多いんですが、
思考を切り替えることを意識的に
やっている人はほとんどいません。


というかそんな簡単に
自由が手に入るんだったら
みんな苦労しません。


大切なのは

「熱中」


です。


橋下知事もおっしゃられてましたね。

ではでは。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
フォローするとITリテラシーがちょっとだけ上がります。 地方国立の理系大学院生 and フリーランスエンジニアを育成する事業の代表 Twitter:https://twitter.com/Ryosuke__Ueda

こちらでもピックアップされています

アウトプット一覧
アウトプット一覧
  • 23本

日々インプットした情報を発信します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。