見出し画像

自分の機嫌をとれない人はダメ【斎藤一人】

世の中で「いい人」と言われる人は、ボランティアをしたり社会貢献したりする人というイメージが強いと思います。

でも、誰にでもできる一番のボランティアとは、「いつも上機嫌でいること」なんです。

学校のいじめも、職場のパワハラも、自分の機嫌をとれない人がやってる最低な行為ですからね。

たまに、いつも笑顔でいる人のことを「作り笑顔だ」とバカにする人もいますが、不機嫌でイライラしている人よりは立派。

もちろん、「心の思うままに毒舌を吐く人が好き」というバラエティ思考の人もいて、それはそれでいいと思いますよ。

ただ、サラリーマンが仕事の不平不満や泣き言を言うのと、テレビタレントのお笑いトークとは全くの別物です。

嫌なことがあっても、イライラすることがあっても、それをぶつけられる人にとっては単に迷惑なだけなので、そういうことは一切やめましょう。

それよりも、笑顔で明るい言葉を使うこと。だから本来であれば、暗い人が「明るい人」に合わせないといけません。

上機嫌でいる修行とは?(斎藤一人さんのお話)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
これまでに、斎藤一人さんから学んだことを自由に投稿していきたいと思います。 ひとりさんのお話を聴いたあなたに、全ての良きことが雪崩のごとく起きます☆ https://flatbouz01.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。