野田啓紀@よく食べる司法書士

愛知県で司法書士法人を経営するかたわら、終活/認知症対策のコンサルティングをしています。人の前でお話することが多くあるほか、出歩いて食事をするのが好きです。お休みの日は、EOS R6を持ち出して、写真撮影に。私らしくモノの見方、考え方、感じ方をお伝えしています。
    • 一度は訪れたい珠玉のグルメ記事

      私が読んで感動した、訪れてみたいお店ばかりです。実際に足を運んで丁寧に取材された質の高い記事をまとめています。

    • 司法書士のおしごと!

      就職先を考え始めた学生諸君やこれから士業を目指そうとしている受験生にぜひ読んでいただき、将来に向けて想像をふくらませていただきたいものです。歴史が長く、合格率4%という最難関の国家資格であるにもかかわらず、いまだなにをしている職業であるのか、ほとんど認知されていない不遇な資格業です。現役司法書士が語る司法書士のおしごと。

相続放棄をしても安心できない空き家の管理

相続放棄をしたものの、亡くなった方の名義の建物が空き家になったまま残っています。 相続放棄をしたから後のことは知らない、放棄したので、と安心される方もありますが…

終活の見える化と銀行口座

終活をはじめるにも、やさしいところから始めていただきたいものです。 まずは、自分の財産を総点検して、どこになにがあるのかを見えるようにしておくことです。 終活と…

認知症に備える

高齢者のうちの5人にひとりは認知症になると言われています。 認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)まで含めますと、3人にひとりとも推計されています。 一方で、日…

運転免許の更新と終活

しばらく前に、警察署で自動車の運転免許の更新をしてまいりました。 しばらく並んで待っておりましたので、周りの様子をうかがいました。中には、係員の警察官とのやりと…

司法書士の開業費用

相続と認知症から大切な家族と財産を守り、円満な資産の承継を支える司法書士の野田啓紀です。 お金の話をしますこれから司法書士事務所を開業されようと考えておられる方…

司法書士のおしごと!【#3 商業法人登記】

商業法人登記とは?相続と認知症から大切な家族と財産を守り、円満な資産の承継を支える司法書士の野田啓紀です。 司法書士のおしごと第3回は、商業法人登記についてお話…