海外不動産投資~プレビルドとは何ぞや

5

本編、【カンボジアで学んだ大切なこと】。

今回は海外不動産投資について書きます。
以前にも書きましたが、カンボジアに来たての時の私の仕事はカンボジアで開発している不動産を投資家の方々に販売することで、不動産視察に来た方々にカンボジアがいかに魅力的な国であるのかをアピールします。

さて、海外不動産。
日本の不動産投資とは若干異なります。

日本では不動産が完成してから販売をするのが当たり前だと思いますが、海外(とりわけ東南アジア)では、プレビルド方式で販売をすることが通常です。

プレビルドとは?プレが前、ビルドが建てる。なので、建物を建てる前に販売をすることをプレビルド方式と言います。建物を建てる前に不動産を買うなんてハイリスクだと思われるのかもしれませんが、そう、これこそ、海外不動産投資の醍醐味。ここ近年、発展が著しい東南アジアでは地下の上昇も著しく、

地価が低いうちに購入して、建物が完成した頃には地価が上がっているという構図である。(=キャピタルゲイン)

でも、まだ建物も完成していないうちに購入してしまったら、

建物ができなかった場合。が最大のリスクになるのですが、

それを防ぐためには、デベロッパーをしっかり確認することに尽きるのである。海外不動産開発の実績があるのかどうか、財務が万全なのかどうか、日本と異なり、はっきり言って海外不動産投資はブラックボックスです。プレビルド方式の投資に便乗して、自転車操業の会社が多いのも過言ではない。

自転車操業?
つまり、建物を完成させる十分な資金を持たずまま、プレビルド方式で販売し、売れた資金を工事資金に回すということがまかり通ってます。販売が好調であれば、良いのですが、販売につまずくと工事資金に回すお金がないため、工事が中止することもしばしば見受けられます。

プノンペンには中途半端に建設された基礎剥き出しの建物が大量にあり、それらの殆どが自転車操業による建物なのではないかと。

さて、そのハイリスクな海外不動産投資ですが、ハイリスクハイリターンの言葉があるように、ハイリターンなのでもある。さて、次回はそんなリターンな話を書きたいと思います。続く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
典型的なB型です。