見出し画像

【第1506話】クリアな姿勢で

フィットネスビズ

こんにちは。佐藤です。

お客様の入会までの流れとして、入会前にクラブの体験レッスンをされます。

そして当然ですが、その際どのようなお客様が来店されるか、わかりません。

多少、当日までの連絡手段によるコンタクトによって、様子を知ることもできるかもしれませんが、普通は体験当日でお客様を知ることになります。

これまでは、どのようなお客様がいらっしゃるのか?と、色々な思いを膨らませてポジティブなイメージもあれば、ネガティブにイメージしてしまうこともありました。

ただ最近は、ご体験のお客様もそうですが、既存のお客様の接客も、その接客の瞬間まであまり想像を膨らませないようにしております。

当日、お会いした際のお客様の様子に合わせます。

もちろん、これは準備を怠るという意味ではなく、準備できるところは準備し、コントロールできないところは考えないということです。

一時期よりは落ち着きましたが、その日の振返りや連絡手段の内容を何度も見返しているうちに、コントロールの効かない部分まで及び、考えるイメージが悪くなることもありました。

だから改めてコントロールできるところ、できないところを分けて、言葉は悪いかもしれませんが、お会いする当日までは余計なことは考えず、必要な情報だけを手に持ち、クリアな気持ちでお客様の接客に望む日々です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フィットネスビズ

宜しければサポートお願い致します!

フィットネスビズ
フィットネスビジネス(ジム運営)に関する情報プラットフォームとして、コンサルタントとしても知られている代表伊藤友紀等による役立つ記事を閲覧することができます。 ①伊藤友紀の「ビジネス・リフティング365」②目指すはフィットネストレーナー③アバター近藤の「フィットネスビジネス学」