フィットネスビズ
【第1467話】相手と自分を知ること
見出し画像

【第1467話】相手と自分を知ること

フィットネスビズ

こんにちは。小川です。

ここ最近は新入社員に対して色々と指導をする場面があるのですが、いつも思う事はそれを通じて一番成長するのは自分自身だということです。

指導するということは相手に理解されるように考えをまとめて説明するということですからそのまとめる作業において思考が整理されますね。

それにより新たな発見や気づきを得ることもありますし、勿論復習にもなりますから色々な意味で指導するということは勉強にもなるし、責任にもなります。

今課題として取り組んでいるのは接客面が中心となっており、それを指導する時には自分自身の接客を見直す契機にもなっています。

接客において私自身が大切にしている一つのポイントは「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という孫子兵法の書にある名言の一つです。

相手を知って自分を知っていれば百戦しても負けない、という意味なのですがこれは接客にも当てはまります。

相手を知ること、自分を知ること、この両方をとにかく突き詰めることですね。

多くの人の傾向は相手を知ろうとはするけども自分を知らない、または相手を知ろうとしない、というどちらかですね。

それでは接客において失敗する可能性や失敗をしなくても良い結果にも繋がらない、ということになりかねません。

ALIVEの場合は特にお客さまとの距離感が近い分だけこの相手と自分を知る両方が重要になってくるのです。

距離感が近いだけより相手の情報を知っている必要があるということですね。

先ずはここが無いと始まりませんからそうした基本でもあり本質でもあることを今は指導として伝えていっています。

https://fitness-biz.stores.jp/





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フィットネスビズ

宜しければサポートお願い致します!

フィットネスビズ
フィットネスビジネス(ジム運営)に関する情報プラットフォームとして、コンサルタントとしても知られている代表伊藤友紀等による役立つ記事を閲覧することができます。 ①伊藤友紀の「ビジネス・リフティング365」②目指すはフィットネストレーナー③アバター近藤の「フィットネスビジネス学」