トレーニングの基本に回帰しましょう

日々トレーニング理論は変化していきます。例えば10回3セットが最高のセットだと提唱されれば翌日には5回5セットが最も効果的であると言われたり、重量よりもボリュームであると変化します。

そんな情報の変化の中でぶれない軸とは何か皆さんご存じですか?それは「原理・原則」です。

トレーニングの原理・原則とはトレーニング効果を最大限に高める為に必要な要素たちのことです。これらを遵守することでより一層トレーニングは皆さんに変化をもたらすことでしょう。それでは1つずつ説明していきます。

3つの原理

1⃣過負荷の原理

これは日常生活でかかる負荷よりも強度の高い運動でなければ効果は見込めないということです。日常生活と同じ程度の運動では確かに体は変化しないですよね。

2⃣可逆性の原理

これはトレーニングをやめると体は元に戻ってしまうということです。例えばベンチプレスを100kg挙上する目標を達成したからと言ってトレーニングを辞めればすぐに挙上できない身体に戻ってしまうというものです。しかし継続してトレーニングやエクササイズに取り組んできた人ほど戻るスピードが遅くなるというのもまた事実です。

3⃣特異性の原理

これは行う運動の種類に合わせて身体が変化していくということです。例えば、女性が美しくスラっとしたスタイルを手に入れたいのにも関わらず筋肥大のメニューを組んでいてはその目標は達成されることはないでしょう。目的にあわせたトレーニングが必要になります。


トレーニングの原則

1⃣斬進性の原則

これは同一のエクササイズやトレーニングを行っていても体の変化は起こらないということです。同じトレーニングを継続していくのも重要ですが身体はどんどん順応していきます。そうすると身体に入る刺激は弱くなっていくのです。定期的にメニューを変化させることをオススメします。

2⃣前面性の原則

これは同一部位だけではなく身体の全身を鍛えないといけないというものです。同一部位のみ鍛えていても変化するのはその部位だけになってしまいますし、ボディバランスの崩れに直結します。種目の伸びも悪くなりますしなにより怪我に繋がることもあります。

3⃣意識性の原則

これは鍛えている場所、部位を意識することを指しています。鍛えている部位を意識することで神経の促通を起こしたり、筋肉への刺激がより入りやすくなるのです。これは使っている部位を触りながらトレーニングすることでより簡単に行えるのでお試しください。

4⃣個別性の原則

これは、年齢や体力、心肺機能などといった要素から行う種目を厳選する必要があるということです。各個人にあったレベルでのトレーニングをしっかりと行うことで徐々にレベルアップできるのです。

5⃣反復性の原則

これはどんな種目も反復してそれを行うことで初めて効果を得ることが出来るというものです。どんなに優れたエクササイズも継続をしなければ身体が変わることはありません。継続の重要性をうたっているのです。


以上がトレーニングの原理・原則でした。知らず知らずのうちにこれらが意識できなくなっている方は非常に多いのではないでしょうか?しっかりと都度、意識していく事をオススメしています。

しかし、トレーニングの種目の変化や変更タイミングはなかなか判断が難しいです。そんな時は私、トレーナーのコウにご相談ください。原理原則に則って適切な指導をさせて頂きます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
NESTA-pft認定トレーナー。 正しいトレーニングで怪我のリスクを避ける方法やボディメイク関連の食事を投稿しています。