新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【アーカイブ】2020年度 三陸水産キャリアカレッジ 実施概要

○事業概要

「三陸水産キャリアカレッジ」は、水産業界に携わる若手社員を対象に行った合同研修。若手社員が働くことを通して、「自分の理想の姿、ありたい未来」を考え、 その実現のために何をしていくべきか、上長や経営者と相談をしながら、キャリア計画(キャリア航海図)をつくります。また、研修を通じて会社の枠を超えた同世代の仲間づくりの機会とすることも狙いです。尚、新型コロナウイルスの感染拡大の状況も踏まえ、プログラムは全てオンラインでの実施となりました。

*参加者に対して提示した研修の狙い

画像1

参加者としては、宮城県から4社6名(塩伽、石巻、気仙沼)、岩手県から2社2名(大船渡、洋野町)、青森県から1社1名(八戸)、計7社9名が参加しての実施となりました。

○実施内容

▼DAY1 「キャリア航海図作成①自分を知る」

全体の概要や目的の説明を行い、参加者のマインドセットを行いました。
また、自分自身の生き方や価値観を振り返り、他の参加者とそれを比べ、自分のことを知っていくことを目的とし、グループで互いにインタビューを行い、人生グラフを作成しました。

*DAY1研修スライド抜粋

画像2

▼DAY2 「キャリア航海図作成②未来を描く」

自分の人生プランを組む中で、やりたいことや目指したい未来を考えました。達成に向けて2021年の目標をたてルーブリックを作成しました。

*DAY2スライド抜粋

画像3

▼DAY3 「自社へ自分の未来を相談する」

自社の経営者や上司に、自分の未来について相談。
(地域コーディネーターである事務局も入り3者面談形式にて実施しました。)

*DAY3(各社で実施)の様子

画像4


▼DAY4 「キャリア航海出港式」

自分自身で考え作成した「キャリア航海図」を、他の参加者達や自社及び他社の経営者に向けて発表や宣言をしました。

*DAY4の様子

画像5

*参加者がDAY4で行った発表(プレゼンテーション)タイトル一覧

プレゼン

○参加者の事後アンケート

研修全体の満足度が10点満点中8.9点と高評価で、自由記述欄には、

「自分のプラスになる部分、意識を変える部分が多くあった。」
「社長に自分の気持ちを素直に話すことができた。皆んなモチベーションが高く自分のモチベーションの見直しが出来た。」
「リモートの研修で、直線会った事はない方々でも、お互いの考え方がわかった気がして良かった。」 と回答がありました。

また、『自身がどう変化や成長をしたと思うか』という問いに対しては、

「あたらめて将来について考えることが出来たし、どうなりたいか確認できた。」
「よくある研修では【仕事の話!】というのがほとんどでしたが、今回はプライベートも合わせての人生軸だったりと良い意味でプライベートと仕事を同時に考えれるようになりました。」
「目の前の事でいっぱいでしたが、少し視野が広がって未来のことも考えれるようになりました。」 といった回答がありました。

▼三陸水産イノベーションプロジェクトHPはこちら

http://sanrikusuisan-innovation.go.jp/college.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
漁業のイメージをカッコよくて、稼げて、革新的な「新3K」に変え、次世代へと続く未来の水産業の形を提案していく若手漁師集団。公式サイトはこちら https://fishermanjapan.com/