マガジンのカバー画像

三陸水産イノベーションプロジェクト

25
青くあれ。 三陸には、頑張っている人がどれだけいることか。私たちは、誰よりもそのことを知っています。 震災による甚大な被害、設備の復興。水産資源が減少する中で、試行錯誤しように… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【水産業×地方創生】三陸水産イノベーションサミット2021 DAY3 最終日 速報



いよいよ本日で3日間のサミットも最終日。プレイヤーたちの熱気は最終日も最高潮。本日も三陸水産イノベーションの名にふさわしい内容となっている。

DAY3最初のトークセッションは、『水産業×地方創生』をテーマに、㈱ヤマナカ 代表取締役 髙田慎司氏、㈱北三陸ファクトリー 代表取締役 下苧坪之典氏が登壇。

「発想の転換」。今回のトークセッションにサブタイトルを付けるとすれば、この言葉が適切であろう

もっとみる

【水産業×SDGs】三陸水産イノベーションサミット2021 DAY 1 速報



今日から3日間、三陸を、日本でそして世界で一番水産イノベーションが起こる場所にすることを目指し、三陸で起きているイノベーションを日本へそして世界へ発信!ちなみに視聴申込は、北は北海道、南は沖縄、そしてタイ、アメリカ、台湾、ベトナム、タンザニアと世界中から申込みがきている。
冒頭、主催者である東北経済産業局 平井淳生氏は、「今年で東日本大震災から10年が経過した。三陸の基幹産業である水産関連産業

もっとみる

地域資源で最高の製品を作り、北三陸を世界に発信する-サミット登壇者紹介⑩

三陸水産イノベーションサミット2021の登壇者紹介、10人目の登壇者はDAY3イノベータートークセッション⑤『水産業×地方創生』に登壇する株式会社 北三陸ファクトリー 代表取締役 下苧坪之典 氏です。

北三陸ファクトリーは岩手県の最北端の洋野町で2018年創業した水産ベンチャーで、前身となるひろの屋は2010年に創業しました。同社は『北三陸を世界に発信する』をミッションに掲げ、北三陸で獲れるキタ

もっとみる

世界のマーケットを視野にいれた地方創生を-サミット登壇者紹介⑨

三陸水産イノベーションサミット2021の登壇者紹介、9人目の登壇者はDAY3イノベータートークセッション⑤『水産業×地方創生』に登壇する株式会社 ヤマナカ 代表取締役 髙田慎司 氏です。

ヤマナカは宮城県石巻市で2008年創業の水産ベンチャーです。三陸で養殖されたホヤ、カキ、ホタテの加工、そして国内外への販売を行なっています。
髙田氏は元々外資系保険会社に勤めていましたが、2006年に金融ビッグ

もっとみる

「命の次に持ち出すのがタレ」ー顧客にこよなく愛される気仙沼の灯台-サミット登壇者紹介⑧

三陸水産イノベーションサミット2021の登壇者紹介、8人目の登壇者はDAY2イノベータートークセッション④『BtoCへの変換で見えてきた課題と希望』に登壇する株式会社 斉吉商店 専務取締役 斉藤和枝 氏です。

斉吉商店は宮城県気仙沼市で大正10年創業の水産加工会社です。創業当時は食品小売店として事業を開始し、昭和25年に廻船問屋としての業務を開始しました。廻船問屋とは、漁師が獲った魚を産地市場で

もっとみる

株式会社八葉水産-水産業特化型インターン③-三陸水産イノベーションサミット登壇者紹介

三陸水産イノベーションサミット2021の「水産業特化型インターン③」に登壇する八葉水産株式会社プロジェクトのご紹介をいたします。

(株)八葉水産は1972年に三陸気仙沼市で創業。創業以来幾多の困難を乗り越え、復興に向けて全力で取り組んでいます。
当社のものづくりの第一のこだわりは素材です。美味しい商品を作るためにまずは質の高い素材を丁寧に選ぶことから始めます。HACCP導入の製造体制のもと安心・

もっとみる

盛信冷凍庫株式会社-水産業特化型インターン②-三陸水産イノベーションサミット登壇者紹介

三陸水産イノベーションサミット2021の「水産業特化型インターン②」に登壇する盛信冷凍庫株式会社プロジェクトのご紹介をいたします。

盛信冷凍庫株式会社は1979年創業。創業当初は冷凍保管倉庫業を行い、その後、サバ・イワシ・サンマ等の卸売を行っていました。食品業者の原点である「食への貢献」を企業目標にかかげ創業以来、素材本来の魅力を消費者に届け続けています。
2011年の東日本大震災で被害を受け、

もっとみる

株式会社マルリフーズ-水産業特化型インターン①-三陸水産イノベーションサミット登壇者紹介

三陸水産イノベーションサミット2021の「水産業特化型インターン①」に登壇する株式会社マルリフーズプロジェクトのご紹介をいたします。

(株)マルリフーズは1993年相馬市松川浦で創業。おだやかな水面ではぐくまれた「あおさのり(ヒトエグサ)」を使った商品を主に扱っています。松川浦は数少ないあおさのりの生産地で、味・風味ともに多くの方から高い評価をいただいています。東日本大震災の際には松川浦全体のあ

もっとみる

未来をかけたBtoBからBtoCへの事業シフト-サミット登壇者紹介⑦

三陸水産イノベーションサミット2021の登壇者紹介、7人目の登壇者はDAY2イノベータートークセッション④『BtoCへの変換で見えてきた課題と希望』に登壇する末永海産株式会社 代表取締役 末永寛太 氏です。

末永海産は宮城県石巻市で1986年に創業した水産加工会社です。同社はワカメをボイルして業務用に出荷するという事業から始め、徐々に牡蠣、ホヤ、ホタテなどの加工に事業を拡大してきました。

順風

もっとみる

水産業のデータ化によって『未知を拓く』- サミット登壇者紹介⑥

三陸水産イノベーションサミット2021の登壇者紹介、6人目の登壇者はDAY2イノベータートークセッション➂『水産業×DX』に登壇する株式会社 ライトハウス 代表取締役 新藤克貴 氏 です。

株式会社ライトハウスは『未知を拓く』を企業理念に、船舶海洋業界を事業領域として2017年に福岡市にて創業したITベンチャーです。まき網やひき網等の船団漁業者が抱える「他船の魚群反応や位置の把握が難しい」、「操

もっとみる

水産業×ITで、東北から日本の水産業の活性化を - サミット登壇者紹介⑤

三陸水産イノベーションサミット2021の登壇者紹介、5人目の登壇者はDAY2イノベータートークセッション➂『水産業×DX』に登壇するアンデックス株式会社 代表取締役 三嶋順 氏 です。

アンデックス株式会社は仙台に本社を置く2008年創業のITベンチャーです。現在は東京、盛岡、青森にも拠点を設け、アプリやシステムの開発を行っています。創業時はゴリゴリのIT企業だった同社が、今とりわけ力を入れてい

もっとみる

『三陸』というブランドを世界へ発信する-サミット登壇者紹介④

三陸水産イノベーションサミット2021の登壇者紹介、4人目の登壇者はDAY1イノベータートークセッション➁『企業連合で切り拓いてきた新天地』に登壇する株式会社 三陸コーポレーション 代表取締役 森岡忠司 氏です。

三陸コーポレーションは三陸の水産メーカー7社の共同出資で2016年に設立した地域輸出商社です。森岡氏は農学部出身で「日本国内の地域を国際化することによって、地域を発展させたい』という想

もっとみる

競合他社を繋ぐ次世代の連携の形-サミット登壇者紹介③

三陸水産イノベーションサミット2021の登壇者紹介、3人目の登壇者はDAY1イノベータートークセッション➁『企業連合で切り拓いてきた新天地』に登壇する石巻うまいもの株式会社 副社長、山徳平塚水産 代表取締役 平塚隆一郎 氏です。

平塚氏は宮城県石巻市にて1931年創業の老舗水産加工会社の代表を務めています。山徳平塚水産は平塚氏の祖父が創業した会社で、平塚氏は家業を継ぐつもりはなく、大学では文学部

もっとみる

小売から水産業の流通に改革を-サミット登壇者紹介②

三陸水産イノベーションサミット2021の登壇者紹介、2人目の登壇者はDAY1イノベータートークセッション①『水産業×SDGs』に登壇するイオン東北 株式会社 商品副本部長 西田茂樹 氏です。

イオングループは日本の最大手スーパーグループであり、持続可能で責任のある漁業に付与される国際認証MSC、ASC認証の水産物を最も多く扱うサステナブルシーフード先進企業です。

イオングループはまだMSC、A

もっとみる