見出し画像

ネフェルティティ東京@六本木

久しぶりにおともだちと異国への旅に。
今回はエジプト料理を食べてきました。ホームページによると、カイロの5つ星ホテルのシェフと、元エジプト大使館専属シェフの2人が作る本格的なアラブ料理。だそう。期待が高まる。

ネフェルティティは古代エジプトの王妃で、ツタンカーメンの義母にあたる女性だそう。お店の名前にするほどやっぱり偉大な存在なんですね。

ネフェルティティは第18王朝のイクナートン (在位前 1379~62) の妃。ミタンニの王女とも,エジプト貴族の娘ともいわれるが,出自は不明。ベルリン国立博物館所蔵のアケタートン (現テル・エル・アマルナ) で発見されたその美しい胸像が特に有名。6人の娘を産み,そのうち2人はエジプトの女王となった。夫とともにアトン神を崇拝したが,晩年は夫の寵を失って退いた。アマルナの北宮に彼女の遺品が発見されたので,そこに引退したものと思われる。墓は不明。(コトバンクより)

場所は六本木駅から5~10分ほど。入口はこんな感じ。中が見えないのでちょっとドキドキ。

扉を開けると、アラビアン感満載でエジプトらしい空間が広がっています。
店内は天井が高く、壁画がどーんと飾ってあります。テーブルまわりの青が印象的。テーブルごとにゴージャスなレースのカーテンで仕切られており半個室のようになっています。レースのカーテンはお姫様の寝室にあるようなアレです。

食べログには単品メニューも載っていたけれど、基本的にコースで注文する形のよう。一番シンプルなAコース(3,980円)を2人分注文。
Aコースは以下の6品。

サラダ&前菜の盛り合わせ2種
レンズ豆のスープ
メインディッシュ(12種類から1品をチョイス)※ひとりずつ
デザート
ミントティー

サラダと前菜2種。ピタパン。
前菜はホムモス(ひよこ豆のペースト)とババガヌーグ(焼きナスとレモンのペースト)。前菜は4種類ほどあるようなので、その日によって店員さんのおまかせという感じかな。ピタパンにつけていただきます。

レンズ豆のスープ。スープというよりポタージュのような感じ。ほんのりスパイスがきいていてクルトンらしきものがちょこんと。あったまる~

メインは1人ずつ選ぶことができたので、エンチラーダシシカバブをチョイス。
これがエンチラーダ。「挽肉を巻いたクレープをベシャメルソースでグリル」とのこと。ベシャメルソースはチーズの塩気と挽肉、クレープの食感が相まってとても美味しい。

シシカバブ。ラム肉の炭火焼き。
串から外して出してくれました。柔らかくてとってもいいお肉。中東系によくあるクミンスパイスとはまた違った味付けで、いつもとは違った美味しさ。ひとつひとつが大きく、食べ応えがあって美味しかった~。

それなりにのんびり食べていたけれど、出てくるのもゆっくりめなのでこのコースでお腹いっぱい。
でもデザートは別腹。

デザートのバラハ・エルシャームミントティー。バラハ・エルシャームは少し固めのチュロスのような感じ。上にかかっているのはココナッツパウダー。
なんとなく激甘なものを想像していたけど、チュロスは甘さ控えめで生クリームも甘くないので、ココナッツがほんのり香り、甘すぎず、ほどよい口直しに。ミントティーが合う。

出てくるお皿が1枚1枚違って可愛い。お料理が出てくるのを待っている間にぱしゃぱしゃ。全部に「Egypt」とロゴが入っており、温泉街のお土産やさんにありそうな感じ。「Osaka」とか「Kyoto」みたいな。

レジ回りにはたくさんのグッズが並べられてあり、購入できます。

玄関においてあったらびっくりするだろうな…

テーブルで覚えたアラブ語を使おうと思って、帰り際にイケメンのおにーさんに「シュクラン(ありがとう)」と言ったら「どういたしまして」と日本語で返されたよ…
いやー、本当にどれも美味しかった~!異国料理にある手抜き感(失礼)はないし、内装も素敵だし。時々ベリーダンスも見られるそう。

待ち合わせ前のお散歩。お上りさん的にぱしゃぱしゃと。

同じ都内に住んでいても、少し離れるだけで世界が全然違うな…
のんびりした生活は安らぐけれど、都会もたまにはいいかも。たまにはね。

友人が自分のを買うついでにネフェルティティ様のボールペンを買ってプレゼントしてくれました。まぶしい…w

楽しい夜だった。
エジプト、スキ。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったーヽ(。・∀・。)ノ
8
フリーランス翻訳者。東京在住。Leica Q2、D-lux、iPhoneで撮った写真を中心に。仕事のことは基本書きません。料理や旅、写真、カメラなど。写真および本文の無断引用および無断転載等はご遠慮ください。

こちらでもピックアップされています

写真
写真
  • 16本

カメラのこと、写真のことをまとめます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。