世界の半分のインターネットが30分ダウンしたが、今回はハッカーのせいではない

記者 ペイターズ 報道
北米東部時間先週の金曜日午後5時では、世界のインターネットユーザーの半数が人気サイトに接続できないことが判明した。今回のインシデントは主にアメリカ大陸、ヨーロッパ、ロシアにあるインターネットユーザーに影響を与え、ユーザーはDiscordやLeague of Legendsのサーバーなど、人気のあるウェブサイトやサービスに30分近くアクセスできない状態が続きました。

画像1

この広範囲にわたるネットワーク障害の余波で、一部のハッカーグループが大規模な総力戦を開始したとの見方が多い。
しかし、実際にはこの事件はCloudflareのDNSサーバー障害によるもので、Cloudflareはその後、これはある種のネットワーク攻撃ではないことも指摘した報告書を発表しており、障害が発生していたことは現在修復されています。
要約すると、アメリカ合衆国アトランタでは、サーバーが突然ダウンし、その結果、世界のインターネット ユーザーの半分がインターネットにアクセスすることはできません。
Cloudflareが発表した実践レポートによると、フランクフルト、パリ、スキポールなどのヨーロッパの都市や、ロサンゼルス、シカゴ、シアトル、サンノゼなどのアメリカの都市が明らかに事件の影響を受けたという。
Cloudflareは世界最大級のネットワークサービスプロバイダーで、同社のサーバーには2,700以上のネットワークリソースが保存されています。北米、欧州、国内に多数のサーバーを保有しています。
記者 世界の半分のインターネットが30分ダウンしたが、今回はハッカーのせいではない 記者 ペイターズ 報道
北米東部時間先週の金曜日午後5時では、世界のインターネットユーザーの半数が人気サイトに接続できないことが判明した。今回のインシデントは主にアメリカ大陸、ヨーロッパ、ロシアにあるインターネットユーザーに影響を与え、ユーザーはDiscordやLeague of Legendsのサーバーなど、人気のあるウェブサイトやサービスに30分近くアクセスできない状態が続きました。

この広範囲にわたるネットワーク障害の余波で、一部のハッカーグループが大規模な総力戦を開始したとの見方が多い。
しかし、実際にはこの事件はCloudflareのDNSサーバー障害によるもので、Cloudflareはその後、これはある種のネットワーク攻撃ではないことも指摘した報告書を発表しており、障害が発生していたことは現在修復されています。
要約すると、アメリカ合衆国アトランタでは、サーバーが突然ダウンし、その結果、世界のインターネット ユーザーの半分がインターネットにアクセスすることはできません。
Cloudflareが発表した実践レポートによると、フランクフルト、パリ、スキポールなどのヨーロッパの都市や、ロサンゼルス、シカゴ、シアトル、サンノゼなどのアメリカの都市が明らかに事件の影響を受けたという。
Cloudflareは世界最大級のネットワークサービスプロバイダーで、同社のサーバーには2,700以上のネットワークリソースが保存されています。北米、欧州、国内に多数のサーバーを保有しています。
記者 ペイターズ 報道

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
スポーツ、音楽、映画など大好きだ。綺麗な人生〜頑張ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。