企業が日々のオフィスでお金を節約するにはどうすればいいのでしょうか?

記者 ボーノ株式会社 報道

1. ホッチキスを節約しましょう

英国のサラリーマン全員が1日に1本少ないホッチキスを使用すれば、年間120トンのスチールと、それを作るために使用するエネルギーを節約できることが示されています。

画像1

2. プリンターの省エネ

非公式の文章を印刷する場合、標準印刷モードを下書きプリンタモードに変更することができます。 これは、印刷前にプリンタの「プロパティ」ダイアログボックスを開き、「印刷環境設定」をクリックしてから「モード選択」ボックスを開くことで行います。 ドラフトモード」(一部のプリンタでは「インク節約モード」とも呼ばれている)は、「両面」「シート単位」「印刷単位」のオプションでドラフトモードを使用します。 マルチページ」プリンターは、インク、電力、紙を節約します。

画像2

3. ウォーターサーバーの合理的な利用

ウォーターサーバーが休止状態の時に電源を切ることで、1台あたり年間約366キロワット時の電気を節約できます。4,000万台のウォーターサーバーが休止状態の時に電源を切ることに、年間145億キロワット時の電力を節約し、二酸化炭素の排出量を1,405万トン削減します。

4. 紙の通信の代わりに電子メールを使用することは、低炭素化につながる
インターネットの普及に伴い、紙の手紙1通をメール1通に置き換えることで、二酸化炭素の排出量を52.6グラム削減することができます。全日本の紙ベースの手紙の3分の1をメールに置き換えれば、紙の消費量を約3万9000トン削減し、標準的な石炭を5万トン節約し、二酸化炭素の排出量を年間12万9000トン削減できるという。

記者 ボーノ株式会社 報道

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スポーツ、音楽、映画など大好きだ。綺麗な人生〜頑張ります。