効率を上げてお金を節約するための3つのベストな方法

記者 BUONO株式会社 報道

世界的な保険会社チューリッヒのデジタルトランスフォーメーション事例では、2019年までに10億ドル以上のコストをかけてビジネスプロセスを改善するという目標を掲げています。チューリッヒでは、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)、OCR(光学式文字認識)、NLP(自然言語処理)を考えています。

チューリッヒは、これら3つのAI技術を適用してわずか6週間で、25%のコスト削減と38%のデータ処理精度の向上を達成しました。また、会社の従業員の労働時間をより多く解放し、その時間を仕事の人間化に充て、顧客サービスの向上を図ることができます。ここでは、RPA、COR、NLPが組織にもたらすメリットの例をいくつかご紹介します。

画像1

RPAは、企業が潜在的にリスクの高い顧客を特定するのに役立ちます。
RPAは、業務プロセスの自動化のために組織で使われることが多いですが、リスクを軽減するためにも重要な役割を果たしています。世界のトップ銀行の多くは、業務部門にRPAを導入し、詐欺やマネーロンダリングなどに手を染めるユーザー対策に役立てています。金融機関はRPAを利用して、これらの顧客の違法行為の特定に役立てており、企業にとっては大きな損失を回避するための良い手段となっています。

画像2

OCRが請求書処理の効率化を促進

OCRは紙文書の文字を認識し、デジタル形式に変換します。

このアプローチは、定期的に紙の請求書を受け取り、手作業でのデータ入力にかかる時間を避けながら、デジタル化されたデータベースに抽出したいと考えている企業にとって有用であることが証明されています。会計担当者は、物理的な請求書をOCRソフトウェアにスキャンし、ページ上の文字を検出する技術を持って、最終的にデータを変換することができます。この技術はどのような業種にも対応しており、OCRは業務に携わる経理担当者の負担を軽減すると同時に、生産性を向上させることができます。

画像3

NLPは企業が顧客のニーズを分析するのに役立つ
研究によると、販売前の顧客サービスのアドバイスのためにビジネスを呼び出すほとんどの人々は、タイムリーに必要な助けを得ることができないことが示されています。 このようなことが多くなると、多くの人が飽きてしまいます。NLP技術は、音声通話を検知し、お客様の口調や会話の中で使う言葉の頻度などをリアルタイムで測定することで、イライラ防止に効果があります。コールセンターの中には、NLPを使ってリアルタイムのフィードバックを行っているところもあります。

例えば、人が旅行会社に電話をして「バカンス」について何度か言及した場合、NLPはその単語を認識し、その単語が使われた回数をカウントします。 セッションの最後には、NLPがセッション内で最も頻繁に発生した単語をカウントし、顧客サービス分析を行うことができます。

記者 BUONO株式会社 報道

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スポーツ、音楽、映画など大好きだ。綺麗な人生〜頑張ります。