新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

挫折 1年 生出遥人

皆さんこんにちは!
本日部員ブログを担当させていただく、東洋大学体育会サッカー部1年GKの生出遥人(おいではると)です。初めてのブログで、まとまりがなく拙い文章になってしまいましたが、最後までお付き合いいただけたら幸いです。

画像1

出典元:https://www.montedio.or.jp/academy/u-18/  

まず始めに、簡単な自己紹介をさせていただきます。
出身は山形ですが、転勤族なども相まって育ちは東北一体です。盛ってはいません、たった18年間しか生きていない人生で引っ越しは5度も経験しています。そして行く先々で話題になるのが僕の生出(おいで)という特殊すぎる名字です。今まで初見で読むことができた人は、高校の現文の先生ぐらいで、その際には感動すらしました。性格は非常に人見知りをしやすく、打ち解けるまでにかなり長い時間を有します。なので、大学ではそんな自分を変えようと明るい感じで行こうとしたのですが、失敗しました。コロナのせいです。人見知りの性格を直すのはまだ先のことになりそうです。

画像2

一年生なので、皆さんにもう少し自分のことを知っていただくために、高校時のことを書かせていただこうと思います。高校ではモンテディオ山形ユースというクラブチームに所属していました。この3年間で公式戦の出場は両手で収まるほどしかできていません。理由は至極簡単で、自分が他のGKよりも実力不足だったからです。でも高校在学中は、試合に出れない理由を周囲の人間や環境のせいにして、言い訳ばかりしていました。今思うと、そういった時間は無駄以外の何物でもなくて、自分に矢印を向ける意識が欠落していたんだと思います。沢山の挫折を経験し、人として大きく成長できた高校生活は、今では何にも変えがたい宝物です。

そして次に、そんな僕が東洋大学サッカー部を選んだ経緯について書いていこうと思います。僕が大学を選ぶにあたって重要視した点は、GKコーチの有無と、サッカーに集中できる環境があるかどうかです。僕は名のしれた選手でなかったため、この2つの条件を兼ね備えた大学にとにかく売り込みに行きました。その中でも東洋大学は、一人一人の技術の高さ、並びにチーム全体の向上意欲の高さが凄まじく、ここでプレーをしたい、と強く思わせてくれる大学でした。素晴らしいサッカー部に入部した以上、その名に恥じないような選手になるための努力を続けていきたいと思います。

最後になりましたが、先行きが見えない中、コロナウイルスの対応に日々奮闘されている医療従事者の皆様に心からの敬意と感謝を申し上げます。感染が一日でも早く終息する日を祈って、このブログを終了させていただきます。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次回の担当は同じく1年、常葉大学附属橘高校出身の小野田龍剛です。お楽しみに!


東洋大学体育会サッカー部  1年  生出遥人

生出遥人(おいで・はると) 2001年7月8日生まれ
ACジュニオール→FCみやぎバルセロナ→モンテディオ山形ユース


#東洋大学 #fctoyouniv #生出遥人

#僕が東洋大サッカー部を選んだ理由

#東洋サッカー部のいいところ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6

こちらでもピックアップされています

僕が東洋大サッカー部を選んだ理由
僕が東洋大サッカー部を選んだ理由
  • 66本

東洋大学体育会サッカー部の部員が、自身の体験談を赤裸々に語っています!!本気でサッカーをしている高校生の大学選びの手助けや東洋大学体育会サッカー部に興味を持って頂けるきっかけになれば嬉しいです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。