見出し画像

ガソリンスタンド導入編

こんにちはエフクリーナーズです。前回、企業間取引を利用した新事業の提案BtoBプラスイチをご紹介しました。

そのBtoBプラスイチを導入する場合の流れを業種別に紹介したいと思います。
今回はガソリンスタンドを例に挙げて説明します。

ガソリンスタンドの現状

ガソリンや軽油を使う車で仕事をしていればガソリンスタンドは頻繁に利用するはずです。ちなみに私も今日ガソリンを満タンにしたばかりです。

ガソリンスタンド業の昨今の現状は、石油需要の減少により業績が大きく低迷しています。石油燃料の高騰によりEVやハイブリッド車に乗り換える人が増えている影響もあるのでしょう。
また、ガソリンスタンドでは燃料の販売以外の収益であるタイヤ、バッテリー、ワイパー等の消耗部品の販売交換や車検そして洗車とありますが周辺のライバル店との過当競争によって顧客を奪われているのも業績低迷の理由のひとつだと考えられます。

近年、コンビニやカフェを併設させるガソリンスタンドが増えてきているのは、自動車以外での収益を確立しようとする動きだと考えられます。

ガソリンスタンドの業態は石油元売と呼ばれる看板に記される大企業があって、街にあるガソリンスタンドはいち販売店で看板企業の傘下の中小企業になります。

それらの中小企業では、数カ所のガソリンスタンドを経営しているケースもありますし、1箇所のガソリンスタンドのみ経営している場合もあります。それぞれのガソリンスタンド(経営する中小企業)の規模によってはコンビニやカフェを併設するための設備投資ができないガソリンスタンドも少なくないと思います。

コストを最小限にガソリンスタンドの業績を伸ばす

そこで注目するべき点があります。ガソリンスタンドでは、法人カードという燃料の特別割引や月まとめ精算が可能なビジネス向けのサービスを取り入れています。

ガソリンスタンドの立地や規模にもよりますが、法人カードの契約数は、それぞれのガソリンスタンドで数百単位とかなりの件数があります。

その法人カードを登録している企業にBtoBプラスイチを取り入れるのです。
ユニフォームを着用している企業は病院、介護施設、建設会社などと多数あるはずです。

導入のためのサポート

以前、導入を考えられていたガソリンスタンドの店長が「給油はセルフだし、法人カード顧客と接点がほとんどないから」とおっしゃっていました。

「だったら店長そのための導入戦略を立てましょう」
まずは、採択権を持つ担当者に接触できるためにはどうするか?に重点をおき計画を立てることが必要です。これらの立案からアプローチ方法までエスクリーナズがサポートします。
案内用のリーフレットはエフクリーナーズで用意します。※1
また、エフクリーナーズでは担当となるガソリンスタンドスタッフへの営業アドバイスもします。※2

導入されるための価値づくり

新たなサービスを導入するためには魅力が必要です。もちろんユニフォームクリーニングの利便性、価格、品質だけで勝負できればいいのですが、さらに価値を付随させることが導入メリットになります。
ガソリンスタンドであるなら洗車クーポン、タイヤ販売交換等の割引を付加することができると思います。燃料の利幅と比べクリーニングでの利幅は大きいので利益のバランスを取ることができるのも本サービスの魅力のひとつです。

如何でしたでしょうか今回のガソリンスタンド導入編。エフクリーナーズBtoBプラスイチは多くの業態で取り入れることが可能です。これからシリーズで掲載していきたいと思いますので宜しくお願いいたします。


※1) 印刷料金は別途になります
※2)福岡市内近隣であれば企業への同行営業も可能です 


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?