見出し画像

約1ヶ月間にやったことまとめ。#2020-2

皆さんお久しぶりです。
この記事を書き終えたらiPadProをメルカリに出品するFaLです。

この「約1か月間にやったことまとめ。」
定期的に書くシリーズなので、せっかくならとキャッチ画像を作ってみた。

画像9

Kawaii。へへ。

前回の記事から約1ヶ月が経過したので、まとめを綴っていきます。
(前回の記事↓)


バナー作った

毎度恒例、バナー紹介のコーナーです(パフパフ)
※2回目

普通に沢山作りすぎたので、しばらくは自分のこと進めるためにペースダウンしようかなと考えています。まぁ、楽しいから作っちゃうんですけどね。

依頼してくれた皆さんのおかげで、自分のデザイン力も少しずつ伸びているのかなと思います。感謝です。

今回は一言ずつコメント添えます。


バレバレ!?バレンタイン(ミノジョ企画)

ミノジョのzoomを聞きながら勝手に作りました。結構凝り性なので、時間的に制限のある中でスピード出して作るのは刺激的でした。

バレバレバレンタイン


3月~5月 学生チーム自己紹介スレ

普通のバナーを作るのに飽きて、モデリングソフト(Blender)とゲームエンジン(Unity)を使ったバナー。意外と時間かかった...。

自己紹介スレ


すたーとあっぷZoom 第1回

実はこれ、結構苦戦しました。

「すたーと」していくような「あっぷ」するような明るい表現をしたいと思ってカラフルな色遣いに挑戦しましたが、どのように1つのバナーとして全体をまとめていくか試行錯誤しましたね。

矢印の配色に合わせて枠を作ったのが功を奏した気がします。

すたーとあっぷzoomのコピー


すたーとあっぷZoom 第3回

手の事を褒められてなんか嬉しかったです。
深夜に一眼で撮影しました。撮るの難しかった。

すたーとあっぷzoom


ワカタカLIVE

これ、個人的に一番お気に入りです。
正直完成した瞬間「素晴らしいバナーができてしまった。」と唸りました。

わかたかLIVE


ポートフォリオサイト開設

自分のポートフォリオサイトができました。
(自分の制作物等をまとめたサイト)

STUDIOっていう超優秀ツールがあるので、自分のサイト作ってみたいという方にはおすすめです。

自分が制作したバナーはもちろん、高校時代の動画なんかも載せているので是非ご覧ください。


WebAR名刺を制作する

1ヶ月程前から、株式会社palanさんにてWebARに関する記事のライターのお仕事を始めました。

そこで、せっかくなら自分で制作してみようということで、WebARを使った名刺を作り始めました。

実は以前にもAR名刺を制作したことはありましたが、アプリ上で動くため、他の人に体験してもらうためにはインストールという大きな手間がありました。(当時はWebAR知らなかったので)


WebARという技術は、Web上でAR体験を可能にするため、アプリのインストール等をすることなく、URL(QRコードの読み取り)のみで制作したAR体験をシェアすることが可能です。

さっそく制作開始!

が、初手で詰まる。
もちろんWebAR名刺でもリアルアバターの召喚を試みましたがおかしい。


このリアルアバターはWebで読み込むにはデータ量が大きすぎるので、ポリゴン数(モデルのきめ細かさ)などを小さくする必要がありました。
元データでは表示されたので、どうやらそのプロセスをくぐるとこうなる模様。

ということで原因を探った結果、なぜかポリゴン数を減らすソフトを変えたら直りました(困惑)

まぁ、解決できたならよしということで完成したのがこちら。
※名刺は発送中


名刺もデザインしました。

なんだか前回制作した名刺と比較しても、デザイン面がだいぶ良くなったと自分でも思います。バナーの制作が活きたのかな。

名刺表

名刺裏

あ、このQRコードでWebAR体験できるので、良かったら是非。↑


FaLのふぁるみの深い店ができる

自分のバナーや名刺、ポートフォリオサイトを見ていただくと、自分っぽい、FaLっぽいデザインがなんとなく伝わるかなと思うんですけど、ある子がそれを「ふぁるみ」とよく言うわけですね。

なんだかデザイン楽しいし、趣味程度に色々作るかと思って開店したのがこれです。

FaLのふぁるみの深い店-1080


「FaLのふぁるみの深い店」

なんか語呂良いしよくねということで決定。

第1弾でトートバッグを販売しているので良ければ是非!
気ままに今後も作ります。


バーチャル箕輪編集室、爆誕。

clusterというバーチャル会議・イベントを可能にするプラットフォームに大型アップデートが入り、スマートフォンからの参加が可能になりました。


スマートフォンへプラットフォームが広がることで、ユーザーの母数が増やせるのはデカいと思った僕は、clusterでのワールド制作の手慣らしがてら「バーチャル箕輪編集室」を作ることに。

(何を目的とした"手慣らし"なのかは勘の良い人なら分かるかもしれません)

途中詰まったりもしました。絶望した。


なんやかんや乗り越えて完成したのがこちら。

clusterのアプリ(スマホ)、もしくはソフト(PC)をインストールすれば、こちらのURLから誰でもワールドへ入ることができます。


制作にこれといった目的はなかったですが

・常設ワールドは公開制限ができないので、それを逆手に取って訪れた人へのPRの場にする
・Zoom以外にみんなが集まれる場にする
・VRが普及した先の新たな拠点とする

あたりが自分が考えた今後のビジョンです。

ただ、今何をしようとも、真価を発揮するのは間違いなく3つ目に書いたようにVRが普及した先だと思います。

完全に独断で制作したものなので、箕編の方で意見があれば是非教えてください。


ちょっと年内目標達成

もちろんしっかり覚えています。これ。

この記事で僕は2020年に達成したいこと、やりたいことを書き綴りました。

そのうち

14.ポートフォリオサイトを自作してみる
15.WebARやってみる
16.部屋をフォトグラメトリする

この3つは達成しました。うれぴー!

ここから1ヶ月は

2.VRヲタ芸ライブを成功させる

これに尽力します。

ちょっと温めすぎたくらいなので、ここから一気に動きます。
完成すれば世界初。やるしかねぇ。


おわりに

最後まで見ていただきありがとうございました。

実はこの1ヶ月、自分の将来について考えるべきこと、今起こすべき行動がより見えてきました。それが鮮明に見え切った時が、自分が箕編を去るタイミングかなと思います。

見え切ったということは、そこに自分の全てを注ぐべきですから。

そのうち時間がある時に、自分がなぜここまでVR/ARという技術に惹かれるのか、お話できればと思います。

では。


---
Twitter

Portfolio

SUZURI


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しい〜!
8
xR Creator | 20 | Unity,Blender,動画編集,ヲタ芸,カメラ(sonyα)

こちらでもピックアップされています

約1ヶ月間にやったことまとめ。#2020
約1ヶ月間にやったことまとめ。#2020
  • 2本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。