見出し画像

クリスマスツリー

夜、月の光にきらめくクリスマスツリーを見に来た。キーンとした冷たい空気を感じながら、あなたと一緒にツリーを眺める。

「歩いて近くまで行こうか?」

あなたがそう言ったから、二人で歩きはじめた。寒くて凍えそうだからしっかりあなたにくっついて、ゆっくり歩く。ときどきマフラーを強く揺らすほどの風が吹いて、二人で体を小さくする。

私は去年のクリスマスを思い出していた。

街のいたるところにクリスマスツリーが飾られていて、ツリーが現れるたびに私はちょっと立ち止まってそのキラキラを目に刻んだ。小さなサンタさんやお星さま、かわいいプレゼント、子供たちもワクワクするけど、大人もウキウキする。

いくつかのツリーで足を止めたときにふと、私と同じようにツリーの前で立ち止まる人に気づいた。それがあなただった。

あなたは足を止めてはカメラを構えた。ツリーを撮っている。角度を変えて数枚。私はツリーと一緒にあなたも見はじめた。次のツリーに移動するたびにあなたが私の視界に入ったから。

あなたの後ろ姿がツリーに重なる。

私は鞄からスマホを取り出して、カメラをツリーに向けた。スマホの画面にクリスマスツリーとあなたが一緒に入る。とっても綺麗だ。

シャッターを押す。

カシャッ。

思ったより大きなシャッター音があたりに響いた気がして、恥ずかしくてちょっと慌てた。ツリーを撮ってるけどあなたも撮ったから。

次のツリーまで歩くときは、あなたの後ろをそっとついて歩いた。あなたは一体あと何枚ツリーを撮るんだろう。誰のためにツリーを撮ってるのかな。プロのカメラマンなのかな。なぜかあなたの後ろ姿が温かい。

その次のツリーに立ち止まったとき、また私はそっとスマホを向けた。

シャッターを押そうとした瞬間、あなたがこっちを振り向いた。

ドキッとした。

だって後ろ姿だけじゃなくて、あなたの笑顔もとっても温かく見えたから。

「僕のこと撮ったでしょ?」

って笑いながら話しかけてきてくれたあなたの声が白く霞む。

今年のツリーもあなたと一緒に写真を撮ろう。ほら、もう少し歩いたらたどり着くからね。ゆっくり、ゆっくり前に進んでいく。

私の隣にはあなたがいる。

私の隣には大好きなあなたがいる。


#短編小説 #掌編小説 #クリスマスツリー #恋人 #ダラズさんの素敵なイラスト #ひとりねこちゃんウツッテナイケド



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

銀行口座を登録する予定は今のところないため、サポートいただいたものはnoteに溜まっています。受け取りの期限があるのかと思っていたらいつまでも溜まっていくようです。いつかもしかしたら受け取らせていただくかもしれません。そんな状況でございます。

楽しい1日になりますように♫
127
こんにちは。エッセイ・小説など心に浮かんでくることを書いています。私の文章から何かを感じてもらえればうれしいです。あまい恋の文章はドキドキしたりちょっと切なくなったりしてもらえたら光栄です。すでに仲良しさんも、これからの方も仲良くしてくださいね。

この記事が入っているマガジン

まさか書いてしまった小説たち

  • 223本
まさか書いてしまった小説たち

コメント20件

プロポーズ~✨それもクリスマスツリーの前なのかな。ムフフ❤
み・カミーノさん
このパターンでいくとツリーの前ですよね。
でも来年のクリスマスかな。笑❤︎
椿さん、今晩は。

素敵なお話✨
昔、観光地でのデートで模型を撮っている彼の後ろから私が写真を撮ったことを思い出しました。振り向いて笑っていました。懐かしいなぁ✨
あすかさん
こんばんは。
彼の後ろ姿を写真に撮って、振り向いて笑ってくれるって素敵ですね。
幸せなイメージです。。
何よりも笑顔がうれしいかな♫
コメントありがとう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。