ただただ美女と野獣が好きなことを語る④

ここまでお付き合いいただいた皆様ありがとうございます。
これが美女と野獣特集最終回となりそうです。最終回でも私の美女と野獣への愛は止まることを知りませんが、とにかく一度節目を迎えさせてみましょう。

前回美女と野獣のステージを見たところで終わりましたね。
その後、ショー運にも恵まれます。

皆様もご存知、ファンタズミック!を見に行ったのですが、なんとはなしに場所取りしたところが全体をほぼ真正面から一望できるとてもいい場所でした。

これは余談ですが、ファンタズミック大好きで見る度感動しているのですが、今回カリフォルニアのファンタズミックを見て、日本とはまた違った魅せ方に鳥肌が立ちました。そもそも扱う作品もちょっと違うんですよね。
ディズニーのショーって映像や音楽はもちろんなのですが、「水」と「火」を使ってエンタメを作り上げるじゃないですか。その使い方が絶妙で、私はすごくそこに奥深さを感じました。
いつかこれも言語化して文字にしたいなあ!

さぁ美女と野獣に戻りましょうか。
もうお分かりだとは思いますが、カリフォルニアのファンタズミックでは美女と野獣の単独ワゴンが来ました。

白飛びしすぎやないかい

生で見るのに必死で明るさ調整を完全にミスりましたね。でもここでも単独にしてもらえているのかとしみじみしました。

こうして私のカリフォルニアディズニーランドでの美女と野獣ストーリーは終わりを告げたのでした…

が!!!!

まだ1日続くのです!!!

翌日カリフォルニアアドベンチャーに行きました。(カリフォルニアのTDS的な立ち位置)
ピクサーが好きなので、ピクサーエリアのあるパーク自体にそもそも感動していたのですが、私の期待を大幅に超えてくる素晴らしいブースがあったのです。

夕方頃、基本的なアトラクションを網羅し、少し疲れたので室内に入ることにしました。
室内といってもレストラン等ではなく、いろんなワークショップのブースが集まる建物だったのですが。

が。

が!!!

きゃーーー!!(歓喜)

中に入ってみると巨大スクリーンがいくつもあり、様々なディズニー映画の名曲と共に名シーン、その原画やラフ画が流れる仕様になっていて、もちろん美女と野獣も流れていました。ソファに座っていつまでもそこにいられそうな幸せな空間。

座りながら次にどこに行くかスマホで調べていたら…

野獣の図書館がこの建物の中に入ってるらしい

これだけは事前に調べていたのですが、完全に失念していました。(メモをしろ)
幸運にも、たまたまそのとき入った建物内に野獣の図書館が入っているらしいのです。

調べた案内に従ってそのブースに入ってみると…

本当にあるらしい!!

胸の高鳴りを抑えながら進んでみると…

あった!!!!!

気分は、君にプレゼントがあるのだけどまず目を瞑ってと言われ、図書館に連れてこられたベルが目を開けた瞬間です。

しかもこの部屋には面白い仕掛けがありまして。

野獣引っ掻いたぁぁぁああ!

しばらく時間が過ぎると、平和だった図書館内が暗くなって王子の肖像画には爪痕が。絵の下にあるガラスに収納されたバラの花びらがヒラヒラ1枚ずつ落ちていきます。

細かい設定万歳!!!!

少し怖かったのですが、それ以上に世界に入り込めた喜びが何十倍も大きかったです。

ちなみにこちらの野獣の図書館のお部屋ではルミエールとコグスワースの指示に従いながら二択問題に答えていって、自分がどのディズニーキャラクターに似ているかを診断することができます。

私もやってみました。

まあ?ね?

ここまできたら?ね?

わかりますよね?

私のディズニーキャラクターは

いやベルじゃないんかい。

アリエル嬉しいですけどね。とても嬉しいです。しかも文言読むとすごい褒めてくれてる。これはこれで大変光栄でした。けどさすがにベルということにはならなかったようです。

こうして今度こそ、私のカリフォルニアディズニーでの美女と野獣ストーリーは幕を閉じたのでした…

長いお話読んでいただきありがとうございました!
美女と野獣のグッズもらっちゃったけどいらないなあ…という方は私にくれれば喜んでいただきます☆

と、いうわけで。

不安が煽られる少し暗い日々が続いているとは思いますが、皆様お家でゆっくり過ごしてくださいね。

少しでもこれが暇つぶしになったら嬉しいです。

3
Practically perfect in every way
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。