見出し画像

勘違い

人が自分にファミリー写真とかプライベートの撮影の依頼をしてくるときにいつも勘違いする。
僕は街の写真館、はたまたそれを専門としているひとの写真のようなのを欲しがられているんだろうな、と思ってしまう。
そしてそのような写真を撮ろうと頑張ってしまうのうのだが、実はその人は僕なりの関係性をとってほしいと言う事を後から気づく。
要するに依頼者と受注者で認識のズレが生まれてしまっていたんだなーと反省。

専門外だったり慣れていなかったりすることをする時って勘違いしやすいし、変に力が入っちゃう。

この続きをみるには

この続き: 156文字 / 画像1枚

勘違い

igrshrak

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
igrshrak

サポートいただけると嬉しいです。今後のnoteへの比重が高くなり、今後の活動に活用させて頂きます。

焼売食べる?
1
写真家。映像クリエイター。