見出し画像

ドライテストとテストマーケの本質的な違いとは?

テストマーケティングは「売れる商品」をつくる
最適な手法と言っても過言ではありません。

新商品や新サービスを世の中に出す場合、
本格的に資金調達や予算を増やして商品やサービス
開発をしてはいけません。

世の中にリリースする前には、
まずは「テストマーケティング」をしてください。

テストマーケティングの目的は。
できる限り大きな失敗はせずに、
成功確率を高めるためです。

テストマーケティングをする前に
必要性に気づいて大きな失敗をするリスクが
確実に軽減できています。

しかし、テストマーケティングって
そもそもどのように行えばいいのか?
どうすれば上手くいくのか?
そもそも本当に実施すべきなのか?

わかるようでマニュアルが
ないので実践からのフィードバックを
します。

テストマーケティングについての全体像から、
お客様のネット通販などの業態に合わせたノウハウ
についても紹介します。

テストマーケティングとは試験販売(テストセールス)
です。

早く・小さなスタートを重ねることが、成功への近道
になります。
テストマーケティングの手法は3つの軸で考える
ことが重要です。

1:既存顧客か新規顧客
2:どの場で販売するのか?
3:その場にどうやって集客するのか?

です。

ドライテストは、既存顧客にテストを
するのですが、テストマーケティングは、

結論から言えば、
1:新規顧客に
2:オンラインで
3:SNSを活用する

ことを中心にアプローチすることをおすすめします。
理由はテスト結果を活用しやすいからです。

世の中にこれまでになく、
販売実績もない新商品や新サービスは
本当に売れるかやどれだけ売れるかはわかりません。

実際に商品を手元に届け、
買うか買わないかの意思決定をさせることで
本当にユーザーが買ってくれるのか?
が初めてわかるのです。

販売する場はオンラインがお薦めです。
「リアルな店舗」と「オンライン」の2択があるのですが、
ネット通販のような業界は
データが取得できる「オンライン」が良いです。

テストマーケティングはテストとはいえ、
今後の主戦場になりそうな販路で行うこと
が鉄則になります。

実売に近い環境なのでよいと思うかもしれませんが
コストを抑えて、結果やプロセスを計測可能な環境で
行うことが重要です。

コストを抑えて、次に活かす
が大きなテストマーケティングの意義です。

メーカーや小売店であれば、店舗にかかるコストは
実店舗より抑えられますが、オンラインでの
テストマーケティングを行った際に
細かいデータを店舗では取得ができにくいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
通販プロデューサー&通販コンサルタント通販コンサル  西村公児

インターネットを活用して自分の商品・サービスを売りたい! でもなかなか売れずにモヤモヤしている問題を解決する アドバイスをしています。 https://www.youtube.com/channel/UCxrQWY0HlXqFcOfe02_uztg/videos

4
上場企業から化粧品通販会社まで20年以上勤務。株式会社ルーチェ設立後、独自メソッド「6ステップ法ベルトコンベア理論」を提唱。書籍は「伝説の通販バイブル」(日本経済新聞出版社)、 「小さな会社ネット通販 億超えのルール」(すばる舎)。多摩大学 経営情報学部の非常勤講師も兼務する