見出し画像

【4/14(火)19時半】「プロの記者と編集者から学ぶ “伝わる”取材&ライティング講座」をライブ配信します

「社内のことをもっと発信したいけれど、いいネタが見つからない」「どうしたら上手くインタビューできるのかわからない」。

社員インタビューやプレスリリース、社内イベント記事など、日々多くの記事を制作される中で、こんなお悩みを抱えている広報・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は「詳しい人に相談できる1時間」のスポットコンサルサービスを提供する「ビザスク」と、法人向け情報発信プラットフォームの「note pro」がタッグを組み、プロの記者、編集者をお呼びした取材&ライティング講座を開催します。


※このイベントは終了しました。見逃した方はこちらでご覧下さい。



お写真_赤石様 (2)

ジャーナリスト 赤石 晋一郎


スクリーンショット 2020-03-31 16.49.08

文藝春秋 編集者 村井 弦


講談社、文藝春秋を経てジャーナリストとして独立された赤石さんからは、”聞く”をテーマに「取材するネタの見つけ方」「話の引き出し方」を。「週刊文春」「文藝春秋」で編集者を経験し、現在は「文藝春秋digital」のプロジェクトマネージャーでいらっしゃる村井さんからは、”書く”をテーマに「読まれるタイトルの付け方」「伝わる文章の書き方」をレクチャーしていただきます。

広報・人事として自社の情報発信に関わっている方も、ライターとして記事を執筆している方も、この機会に是非お越しください。


ゲスト

赤石 晋一郎
南アフリカ・ヨハネスブルグ出身。文藝春秋「週刊文春」記者時代には2009年に「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞(共同受賞)、2017年同賞スクープ賞を受賞する。2019年からジャーナリストとして独立。国際政治、事件などの幅広いジャンルの取材を行う一方で、ビジネス記事も多く執筆。昨年は三井住友FG・太田純社長、ビームス・設楽洋社長、エニタイムフィットネス・デイブ・モーテンセンPresident等のインタビュー記事の取材・構成等を手がけた。新著:「韓国人、韓国を叱る 日韓歴史問題の新証言者たち」(小学館新書)4月2日発売
ビザスク:https://service.visasq.com/users/5833085247815680 
note:@akaishi01 Twitter:@red0101a
村井 弦
「文藝春秋digital」プロジェクトマネージャー。2011年4月に株式会社文藝春秋に入社。「週刊文春」編集部に配属。全聾の作曲家と持て囃された佐村河内守にゴーストライターがいたことを暴いた「全聾の作曲家はペテン師だった!」(神山典士)などの記事を担当した。2015年7月、「文藝春秋」編集部。「許永中の告白『イトマン事件の真実』」、「自殺・近畿財務局職員父親の慟哭手記 息子は改ざんを許せなかった」等の記事を担当。 2019年7月から現職。
note:@gen_murai Twitter:@MuraiGen1988


開催概要

【開催日時】
2020年4月14日(火)19:30〜21:00

【参加費】
無料

【配信場所】
配信は、Twitterライブで行います。
事前にnoteイベントのTwitterアカウント(@note_eventinfo)をフォローいただき、配信時間までお待ちください。

※ なお当日視聴できない方については、後日noteのYouTubeチャンネルにてアップロードする予定です。


運営企業紹介

株式会社ビザスク
「世界中の知見をつなぐ」をビジョンに掲げ、”業界・業務の詳しい知見をもつ人”と”ビジネス相談を行いたい人や企業”を、1時間単位の 「スポットコンサル」でマッチングする、日本最大級のビジネス知見のシェアプラットフォームを運営。例えば「オウンドメディアを立ち上げるから経験者から話を聞きたい」時、ビザスクで検索してマッチすると、1時間スポットでコンサルティングを受けられる。
登録者は10万人を超え、国内外含め47,000件を超えるマッチング実績がある。2018年「日本ベンチャー大賞」経済産業大臣賞受賞、2020年3月、東証マザーズに上場。
ビザスクHP:https://visasq.co.jp/   note:https://square.visasq.com/


このページを見ていただきありがとうございます。Twitterではnote主催イベントの最新情報をお届けしています。

うれしいです!これからもスキ付けてくれると喜びます…!
166
note主催イベントの情報をお届けする公式noteです。 2020年9月2日(水)〜5日(土)の4日間連続でオンラインイベント「note CREATOR FESTIVAL」開催!http://creatorfes.note.com

こちらでもピックアップされています

note proをご検討中の担当者さまへ
note proをご検討中の担当者さまへ
  • 10本

note proをご検討いただいているご担当者さま向けの記事やイベントの告知をここでまとめています。