見出し画像

【9/3(水)19時】 これからのファンとの向き合い方 (小泉文明 × 中川悠介) #noteフェス

コロナ禍でおおきな影響を受けた、スポーツ、エンタメ業界。クラブチームとファンの関係性づくりで先進的な取り組みをされている鹿島アントラーズ代表の小泉文明さん。そして、Kawaiiカルチャーの立ち上げや地域創生で注目され、所属タレント自身の発信も推進しているアソビシステム社長の中川悠介さん。

スタジアムやライブに大勢の観客を入れることができない状況が続くと予想されている今、それぞれのトップランカーであるお二人に、これからのファン作りがどのように変化していくのか、そしてその重要性についてお話いただきます。

※本イベントは、note CREATOR FESTIVALの企画セッションのひとつです。くわしくは下記のリンクからご覧ください。

画像3

スピーカー

画像1

小泉 文明(こいずみ・ふみあき)
株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー 代表取締役

早稲田大学商学部卒業後、大和証券SMBCにてミクシィやDeNAなどのネット企業のIPOを担当。2006年よりミクシィにジョインし、取締役執行役員CFOとしてコーポレート部門全体を統轄する。
2012年に退任後はいくつかのスタートアップを支援し、2013年12月株式会社メルカリに参画。
2014年3月取締役就任、2017年4月取締役社長兼COO就任、2019年9月取締役President (会長)就任。2019年8月より株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー代表取締役社長兼任。
父親の実家が茨城県麻生町(現:行方市)にあり、1993年5月の鹿島スタジアムのこけら落としになった鹿島アントラーズ対フルミネンセを観戦して以来、鹿島ファンとなる。
note:https://note.com/koizumi0926
Twitter:@Koizumi

画像2

中川 悠介(なかがわ・ゆうすけ)
アソビシステム株式会社 代表取締役
1981年東京生まれ。学生時代から取り組んでいたイベント運営経験を基に、2007年アソビシステムを創業。国内外で開催されるライブイベントや各種メディアを通じ、原宿が生み出すポップカルチャーを世界に発信する一方、政府のクールジャパン戦略推進会議の構成員や、原宿初の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の開設など多方面で活躍。原宿のファッションスタイルを表す「青文字系」という言葉の生みの親であり、ファッション誌の読者モデルとして活動していたきゃりーぱみゅぱみゅをブレ-クさせたことでも知られる。
note:https://note.com/army0812
Twitter:@ASOBISYSTEMarmy

モデレーター

三原 琴実(みはら・ことみ)/noteディレクター

画像5

セッション概要

【開催日時】
2020年9月3日(木) 19:00〜20:00
※場合により少し前後する場合があります。

【参加方法】
1)note CREATOR FESTIVALページ右上の「参加申し込み」ボタンより「一般参加申し込み」を選択
2)申し込み専用ページが開くので「事前申込チケット(オンライン視聴)」で枚数「1」にして「申し込む」ボタンを選択
3)視聴希望セッションすべてのチェックを入れる(日ごとにタブが分かれています)
4)「次に進む」を押し、必要事項を記入のうえ「オーダーを確定」を押す
以上で申込み完了です。
視聴方法はご登録頂いたメールアドレスにご連絡させて頂きます。

【参加費用】
無料

画像3

このページを見ていただきありがとうございます。Twitterではnote主催イベントの最新情報をお届けしています。

いいイベントにするぞー!
26
note主催イベントの情報をお届けします。「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」ために、イベントを通してさまざまな人と情報との出会いをつくっていきます。

こちらでもピックアップされています

note CREATOR FESTIVAL
note CREATOR FESTIVAL
  • 14本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。