見出し画像

地元ニースっ子の夕涼み

8月も真っ盛り。

ニースはどこもかしこも観光客で溢れてます。

海へ行けば海水浴を楽しむ人で溢れビーチが見えないくらい。街へ行けばやっぱり人で溢れかえってる。セールも開催されているのでなおさら人の出は多いです。

そんな市内の喧噪から逃げ出すように、地元ニースっ子は静かさや避暑を求めに近郊の村で大自然に触れたり、ニースよりは混雑がマシな近隣の町などで夏を楽しみます。

そしてわたしも先週末は義両親と義母のいとこ&おさななじみと一緒に、ニースの隣町である「Villefranche-sur-Mer」(通称:ヴィルフランシュ)へ夕涼みへ行ってきました。

ヴィルフランシュはニースから車でたった10分。

ニースの港を超えて、海沿いを道なりに走っていくと見えてくる小さな港町です。

セイリングボートやプライベートボートが所狭しと停泊し、港のほかにビーチもいくつかあります。

この日は港の目の前にある、カジュアルバー兼レストランで夕食をいただきました。ドレスコードは水着でもOKな、気取らないバーです。

ね、ほんとに目の前でしょ?笑

わたしたちが着いたのは19:30前でちょうど夕食どき。小さなお店はテラス席しかなく、テーブルは満席でした。

お客さんの中には近くの海水浴場(この港から2分)で遊んでたのかなと思われるお客さんで賑わっていました。みんな水着に一枚羽織ってる感じです。

ニースから車でたった10分、日の沈みかけた夕暮れ時なのもあって、港も海もいい感じにまったりしていました。

そして、この日は久しぶりにお魚料理!

実はフレッシュなお魚って意外とお値段するので、食卓に上がるのはお肉の方が圧倒的に多いんです。新鮮な魚介類に恵まれたニースでも、です。

下の写真は、マグロのステーキ 地中海風~。

食後のデザートは2種類で、これがフロマージュブロンのはちみつ添え~

こちらが、シューアイスの生クリーム添え~

大きなグラスに入ったフロマージュブロンは、1人1つペロッと食べてましたよ。わたしは義両親2人とシューアイスのお皿をシェアしましたけどね。

自分たちのペースで飲み、食べ、話す。のんびりゆっくり、気の知れた仲間たちと過ごす至福の時間でした。

食事の後は、軽い運動がてら港周辺を散策。

日中とは全く違う夜の港って気持ちがいいものです。遠くの海は真っ暗で、月明かりがないと何にも見えません。

ヴィルフランシュはわたしたち夫婦にとって思い出の町です。

来るたびにその時のことを思い出し、もう〇年かぁ~と思っては時の速さに驚くもののの、これから先も何十年と変わらないでほしいなと願いばかりです。

ニースへ遊びに来ることがあったら、ヴィルフランシュへもぜひ足を伸ばしてみてくださいね。

―――――――――――――――――――――
《記事内で使用している写真について》

note記事内で使用している写真の一部は、Snapmart(スナップマート)にて販売しております。気になる写真がありましたら写真一覧のポートフォリオをご覧ください。
―――――――――――――――――――――

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたらとってもうれしいですが、いいね!やSNSでシェアしてくださるともっと励みになります♡

ぜひTwitterでも絡んでください♡
4
キャリアや進路に悩む女性が、自分らしさを強みに成長・成功・幸せをつかむマインドセットコーチングをしています。国際ライフエンパワーメント認定コーチ。ブログ「BE YOURSELF」 https://europe-life.com/

こちらでもピックアップされています

南欧生活の気づき
南欧生活の気づき
  • 24本

スペイン・フランス生活を繰り返すなかで気づいたことや思いを綴ってます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。