見出し画像

アブダクション・アブダクション

 腕の筋肉から血液が出ていく。代替血液が入り込む。混濁していた意識がハッキリし、眼前の異星人が見えた。
 奴らがPMCの装甲車を横転させたとき、アリョーシャは抵抗した。すると腹が爆発し、気づいたら施設にいた。ゲリラの黒幕は異星人という噂があったが本当らしい。
 異星人は白衣をまとっている。体つきからして女。後ろに固まっているのは耳が長い男たち。女は上級職だ。体に感覚が戻る。
 アリョーシャが右腕のプラグを引き抜く。大量の血が培養液の内部を舞う。内部から彼は拳を叩きつけた。硬い。
 後頭部に接続されたプラグから、ペナルティとしての電撃が体を走った。アリョーシャは失神した振りをして衝撃をこらえる。既に改造された体はでかい。頭も足もでかい。電気が収まると再接続用のプラグが伸びる。弱点はプラグの根本、施設と繋がっている部分。いままさに彼の精神を改造する。そこをぶち壊して逃げる。女は人質にできる。
 いまだ。
【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートで本を購入したり食費をアレコレします 他のnoterの記事も見に行きます

書きます……どんどん書きます……
4
小説を書いて読んだり勉強しています。 自サイト(がらくた採掘場):http://clannadetc.s56.xrea.com/

こちらでもピックアップされています

逆噴射プラクティス(小説)
逆噴射プラクティス(小説)
  • 28本

2018年10月開催の逆噴射小説大賞に投稿した作品をまとめております。 また逆噴射小説大賞2019に投稿した作品もまとめております。 2020年追記:逆噴射大賞2020の投稿した作品もまとめました。おそらくこちらは逆噴射小説大賞の投稿作品のまとめ場となります。 また、ここから発展した作品を作った場合、別のマガジンを作って収録します。 逆噴射小説大賞とは:字数400字の物語冒頭部分のみ掲載し、【続き】を読みたくなるようなパルプ小説作品です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。