血液ガス分析による呼吸不全の判定は?

血液ガス分析による呼吸不全の判定は?

画像1

呼吸不全とは、海面気圧が高い状態で、心内アナトミカルシャントや一次心拍出量の減少を除いた安静時に、動脈の酸素分圧(PaO2)が60mmHg以下で、二酸化炭素分圧(PaCO2)が50mmHg以上の場合、またはそれを伴わない場合に、心室内の空気を呼吸することと定義されます。

normal blood gas levels吸入障害の診断は動脈の酸素分圧に基づいて行われ、pao2<60mmhgである限り、吸入障害は避けられない。 正常な酸素分圧は95~100mmHgで、呼吸不全は60mmHg以下なので、60~95mmHgの間は何と呼ばれているのでしょうか。 低酸素血症

02 50mmHg以上のpaco2不足に応じて、i型とii型の呼吸不全に分類されます。

Ii型障害は、肺換気が阻害されているために起こります。例えば、口と鼻が覆われているために酸素を吸い込むことができず、pao2が減少し、二酸化炭素を排出することができず、paco2が増加します。

I型呼吸不全の原因は肺障害である。同じ条件で二酸化炭素は酸素の40倍の速さで拡散する。二酸化炭素は同じ距離を拡散できるのでパコ2は増加しないが、酸素は拡散できないのでパコ2は減少する。

呼吸不全の発生率に応じて、急性呼吸不全と慢性呼吸不全は以下のように分類されます。

急性呼吸不全:重度の肺疾患、急性気道閉塞、中枢性呼吸抑制

呼吸不全:重度の結核、じん肺、そして最も一般的な慢性閉塞性肺疾患

03 クリニカル・プレゼンテーション

呼吸困難:最も早く、最も顕著な症状で、吸気の頻度、リズム、振幅が異なる。 まず、増悪に伴い、属性のある吸入頻度が増え、呼吸困難が顕在化し、属性のある吸入困難として、上気道閉塞、三重苦症候群が挙げられます。

チアノーゼ:動脈血の酸素飽和度が90%以下、または酸素分圧が60mmHg以下の場合、血流の多い唇、爪、舌などにチアノーゼが生じることがあります。

精神・神経症状:二酸化炭素を吸入すると、興奮や抑うつ状態になることがある。 CO2の吸入量が増えると、肺過換気や肺脳症が起こることがあります。

心血管症状:早期の血圧上昇、頻脈、長時間の低酸素状態による肺高血圧症など。 重度の低酸素症やアシドーシスは、心不全、血圧上昇、不整脈、さらには心停止を引き起こす可能性があります。

消化器・泌尿器症状:重度の呼吸不全になると、肝機能や腎機能に影響が出て、赤血球、白血球、タンパク質、尿細管などが尿中に出てきます。

注目の記事:

為什么血氣分析是新冠肺炎的重要檢測項目?

血氣分析可以告訴很多信息!怎么評估各參數?

血氣分析在評估機體的通氣和換氣功能方面發揮著重要作用!

打開動脈血氣的正確方法是什么?

90% 的護士不知道: 血氣分析的無痛采血方法!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
自然の謎を追求する旅、