見出し画像

未だ世間を賑わす”ポリアモリー”

 2019年4月2日に”まんがいちTV”でポリアモリーが紹介され、一躍知名度に拍車がかかりました。

 タレントさん達は色々な意見を述べていましたが、とりわけネット上が物議を醸していました。

 ...かなり否定的な見解が多かったです。

中には、”子供ができたらどうするの?”といった、ポリアモリーという関係性の将来に対する疑問もありました。

とりあえずさておき、

 ”ポリアモリー”とは、関与する全てのパートナーの合意を得て、複数のパートナーと恋愛関係を持つライフスタイルのことです。

 関与する全てのパートナーの合意を得て、複数のパートナーと恋愛関係を持つ方や、またそうなりたいと願う方を、”ポリアモロウス”

と言います。

 ちなみに、

 恋愛、性愛に関して一人に限定して対象とする人を、”モノアモリー”

と言います。

”ポリアモロウス ”である私

 ”気が多い”、”性に奔放”、”浮気性”...ポリアモロウスは悪いイメージが付き物ですが、

何を隠そうこの私も、”ポリアモロウスです”。

 ここから私の話になります。

 ちなみにですが、私の20年後の理想は

結婚はしないが娘を2人もち、複数のパートナーに恵まれ、週に一回みんなでホームパーティを行う(パートナーとは別居希望)

です。(笑)

子供は養子でもいいと考えています。

子供にも、ある程度の年齢で責任を持って教えるつもりです。

 私は好きな人がいなかったり、1人であったり、複数人いたりしました。

実際にパートナーがいたこともありますが、

複数のパートナーと同時にお付き合いしたことはありません。

 私が高校生の時は、”好きな人が複数いること”が中途半端に見られそうで、さらにLGBTであることにも気づき...

自分が何者かもわからなかったです。

 大学生になって、「あ、これはポリアモリーと言うんだ」とわかり、ホッとしたのを今でも覚えています。

”ポリアモロウス ”は嫉妬しないの?

 ぜひ読んでいただきたい記事があります。

 この記事を読んだ時、非常に腑に落ちたのを覚えています。

 決して会っていない時はどうでもいい、と思っているわけではなく

会えない時間に対しても、パートナーが何しているか気になったり、パートナーの他の友人関係にやきもきしたり...

私にはこの感覚がよく分からなかったのです。

 私も1対1でお付き合いした際、かなりこれがついて回りました。

”私といない時は、勝手にすりゃいいじゃん!”って思ってしまうんですよね...

 その時の私のパートナーだった人は、本当に大変だったと思います。

好きな人が1人の時であっても、私の根底の価値観としてはポリアモリーだったのかなと、今では思います。

 ”ポリアモロウス”は”嫉妬しない”と言うより、”会っていない時間はパートナーに大きく干渉しない”のが、大きな価値観であると私は思います。

”ポリアモロウス”って浮気性?

 ちなみにですが、ポリアモリーとは、

”性愛関係”のみで成り立つ関係は、定義外です。

恋愛関係があることが重要ですので、”セフレ”といった関係とはまた別です。

 そして、ポリアモリーと浮気では、大きな違いがあります。

 そもそも”浮気”ってなんでしょう...

 日本のWikipediaより、

”夫婦であるか、または恋人がいるにもかかわらず、他の異性に愛情が移ること。”

 ”浮気”は英語で”Infidelity”と言います。

直訳すると、不貞、不義、背信、不信心、無信仰

色々なニュアンスが含まれていますが、”配偶者などの不倫、浮気”としての意味も存在します。

 ”Infidelity”はWikipediaより、

”感情的およびまたは性的な独占権に関する想定または明示された契約におけるカップルの違反です。他の学者は、パートナーが一連のルールや関係規範に違反しているという主観的な感覚に従って、違反と定義しています。この違反は、怒り、嫉妬、性的な嫉妬、および争いの感情をもたらします。 ”

つまり、”カップルの中で想定される、または決めたルールを破ることが「Infidelity”とされています。

 日本と英語圏で定義が異なります。

 厳密に言えば”浮気”は”Infidelity”ではありません。

 どういった作用で相手との信頼関係を損ない、相手を傷つけるか、を軸に置くと、

本質的には

”夫婦であるか、または恋人がいるにもかかわらず、他の異性に愛情が移ること”

に信頼を損なうのではなく、

”カップルの中で想定される、または決めたルールを破ること。”

によって信頼を損なっているのです。

モノアモリーにとってルールの中の1つが、”愛している人はお互いに一人であり、それはあなたである”

なのです。

 もう一度”ポリアモリー”の定義を記します。

”ポリアモリー”とは、関与する全てのパートナーの合意を得て、複数のパートナーと恋愛関係を持つライフスタイルのことです。

関与する全てのパートナーの合意を得ているのが前提です。

なので、全ての関係に合意があり他の人と付き合うことは、ポリアモリーにとってルール違反ではないのです。

 (一般的に)浮気され、それが発覚した場合、「実はポリアモリーなんだよね」と言われる可能性を懸念されてる方がいらっしゃいますが、

そもそもパートナーの合意がないためポリアモリーではありません。

 ルールを違反すれば、どんな愛の形があっても”浮気”であり、

ポリアモリーとモノアモリーでは、”何がルールか”が違うだけなのです。

現代における人間関係性

 話に出てきました”セフレ”

”セフレ”に限らず、人間関係には、さまざまな名前があります。

 仕事関係、友人関係、家族関係...

友達関係にも、よっ友、から親友まで...

 次回は、”現代における人間関係性”について書いていきます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
島根大学でSOGIの啓発を行っている学生プロジェクト「えとせとら」代表です。 個人ブログにしました! 多様な性のあり方、愛の多様性について、結果や体験、文献に基づき、私の考えをツラツラ書いていきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。