見出し画像

雰囲気を楽しむ、至極なひととき。

カフェ、お食事など、何を大切にしてお店を選びますか?

味、
サービス、
外観や内装の雰囲気?


私はコーヒーが好きで、1日1杯は飲みます。

最近、とても気に入った喫茶店を見つけたお話です。


お店に入った瞬間に、空気中でブレンドされた豆の匂いが私の五感を喜ばせる。

思わず深呼吸したくなる、違う世界に入ったかのような落ち着いた空間。


ニスで塗られた木をすごく大切にしていて、
昭和のようなシックで薄暗い、骨董品屋さんを連想させる店内。


でも隅々まで掃除が行き届いていて、
外からの光と、ほの暗さと、
コーヒーの匂いがテーブルも椅子からも木の温もりを引き立たせる。


都会の喧騒やコンクリートを忘れて、

気分はなんだか、林の中にいるみたい。


ちょっと寒い。と感じるこの寒さに風流を感じる。

きっと生温かったり、ガンガンに寒かったらまた違うんだと思う。

このお店、この味、この雰囲気にはこのちょっと寒いほうが心地良い。



マスターが淹れる一杯はどれも500円。
コーヒーのためのケーキ、350円。


この自家製ケーキが、心に沁みる美味しさ。

普通の人からしたら、甘くないと感じると思う。


そこらのチェーン店やインスタ映え、店主のこだわり風イマイチなデザートよりコーヒーとのバランスがとても良く洗練されてる。

コーヒーカップやケーキのお皿ひとつも、綺麗な中にある不完全さが良い。


何より、こんなに美味しくていい雰囲気のお店が静かなこと。

空間を楽しむ場。


隣のカップルは「ワイワイできないじゃん」などと言ってるけど、

私にとっては、超ナンセンス!!!


ここに来たら、静かに心落ち着いたお話ができると思う。

谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』の主張する美学にピッタリ当てはまるところである。


(いま読んでる最中で影響受けまくり)


陰の中に美を見出すように、五感を使って感じる楽しみ。

自分との会話もできる空間。


同じものをいただくのに、その日によって感じ方が違うんです。

ちょっと気分が沈んだ日の一杯。
ガッツリやる気がある日の一杯。

口に含んだ瞬間、心がきらめいたり、
湯船に浸かったときのため息みたいに落ち着いたり。


私は、自分の家ではなかなかできないこと。

ここにも、お金を払う価値が、多いにあります。


何にお金を払うのか。

今回は、量よりも『質』というお話でした。


舞台演劇は『体験』を売っています。

カタルシス。

観た人の心に溜まっているもの、本人さえ気づかないものを掘り起こし浄化させること。

泣いて、笑って、気づき、癒される。

すごいんですよ。


〜余談〜

ホテルニューオータニのガーデンラウンジ(カフェ)
リッツカールトンのラウンジ(カフェ&バー)
銀座 三笠会館の大和(鉄板焼)
銀座 瀬里奈(しゃぶしゃぶ)

お高いところが多いですが、理由も体感すると納得。

そこでしか得られない空気と感覚、感性が磨けます。

陰を消すような明るさではなく、陰あり落ち着ける素敵な空間です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

長い年月をかけて、潤いとか幸せを見つけていくんです。
3
演じるだけが女優じゃない!人生経験・感性・演劇のこと。読んでホッとする記事をお届けします。ブログ→https://errnzabesu.com/ ツイッター→https://twitter.com/errnzabesu2/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。