見出し画像

#3 ひざ先30㎝のセカイ

好きこそものの上手なれ
好きなことに夢中になれる

好きなこと、やれてますか?


私は演劇が大好きです。仕事にしたい、ずっとやりたい。

2019年10月31日〜11月3日までの舞台に出演し、無事に終わりました。

90分間の物語は、3週間の稽古期間と共にあっという間でした。

好きなことやれてる人の終わった後の感想ではなく、キレイな面だけで見せないような胸中を告白します。

だって、自分のことが死ぬほど嫌いになるのに、なぜそこまでやるのかと。



何度でも好きになって、また続けようと思う結婚生活に似ている。

(結婚したことないのに言いました。スミマセン)


演劇を始めた時以来の、苦しさと共に駆け抜けました。

3週間という長くない稽古期間で作品を創り上げるのに、1年半のブランクは重すぎた。

しかも、1年半前までのやり方は封印する。

「えっ?私は何を頼りにお芝居を積み上げたらいいの?」

日本舞踊に色んな流派があるように、演技だって一つのパターンじゃない。
(ちなみに私は坂東流)

歌舞伎のように大きい派手な動きから、お座敷でやる小さなキャパでの表現。同じ舞踊です。

演出家の求める表現と、演出家の好きなスタイルのチューニングに寄せる。


『郷に入れば郷に従え』

頭ではわかっていても、やってみると身体に染み付いてる経験は昔のものだし、それが好きだから、手放すのは余計に苦しかった。


できない

なんで

くやしい

やれよ

なんでできないの

前できてたことさえできない

このスタイルじゃなければもっとできる

ぶつかることも許されないのか

やるしかない、このやろう


周りの空気感もわかる、言わなくても察するくらいはわかる。だんだん、自分のこと自体が否定されてるように思い込んでしまう。

でも、このセカイは言われないんだよ。

毎日稽古に行くのがしんどかった。逃げたいときもあった。

なぜ、そこまでやるのかと。


よくこんなニガテに突っ込んで行ったよなと、我ながら思います。

どう考えても、長所や得意をしないことってめっちゃツライです。

ツライ中で勝負するって。屈辱。

敵も自分だったりする、味方もいない。

そんな私を助けてくれたのは、ツイッターでの応援と同期の言葉。

そして、今回捨てたはずの過去の経験でした。


舞台に立つとき、毎回必ず思う

「あぁ、心の底から芝居が好きだ」

好きなものにまた恋しちゃうみたいな感覚で、好きでやってるのにまた好きだなと心から思う瞬間に出会う。

いつも新しくて、いつも違う感覚。

この一瞬のためにどんな苦しいことも耐えて立ち向かう。


今回も出会えたから、また続けようと思える。


画像1



30㎝先には、真似できない「すげぇ」と思わせなければいけないと教わりました。

動ける身体でいられるよう鍛える。ダンスもバレエもアクションも日本舞踊もやるし、来年はバク転ができるようにする。

深みのあるリアルな芝居がしたい。


本当に大切なものがわかったのも、今回の舞台のおかげです。

そして、ツイッターをご縁に見にきてくださった人のおかげ。

そして、声をかけてくださった、演出家の方のおかげ。

この機会を早く経験することができて良かった。

本当に大切にしたいものに気がつけました。


瀬戸際の29歳は、これからも進化していきたいので、どんどん挑戦を続けます!

ツイッター→@errnzabesu2



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わぁい!スキありがとうございます!
6
演じるだけが女優じゃない!人生経験・感性・演劇のこと。読んでホッとする記事をお届けします。ブログ→https://errnzabesu.com/ ツイッター→https://twitter.com/errnzabesu2/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。