見出し画像

わたしが発信する目的

個人がネットを使って発信できる、表現できる時代。

みなさんは自分の伝えたいこと、大切なこと、やりたいこと、何か発信してますか?

ーきっと、答えられる方がたくさんいると思います。
私は、舞台女優をやっている自分の活動を発信しています。


では、何のために発信してますか?

自分の夢?好きなこと?家族のため?


なぜ?


私は、みんなに演劇を観てもらうためです。

ざっくり。演劇を観ると、人生が豊かになるからです。


演劇って知ってますか?

大体の人の頭に浮かんだ劇団四季や宝塚は、ミュージカル(歌劇)です。

会話がメインの、人と人のやりとりで物語になる、お芝居のことです!

表現をしたいと声優を目指し、10年間追い求めて今は舞台女優です。
→10年間を知りたい方はコチラ

そして、私がやっているのは小劇場。文字の通り、小さい劇場でお芝居をします。
→ブログ記事:小劇場演劇とは


演劇で人を信じ愛せるようになりました。


生きていく上で、とても大切なこと。

声優よりもっと、もっと基礎的なこと。
俳優である前に、人として大切なこと。


プロの俳優になるために学んだことは、技術や方法ではなく、人と人のコミュニケーションでした。

人が好きになり、自分の心に嘘をつかず、笑顔でコミュニケーションがとれるようになりました。


以前の私 →  演劇で変わった私
不安で何でも緊張する →いい緊張で高揚感
自分の感情を我慢する →喜怒哀楽大切にする
自信がないから完璧主義 →失敗が自信になりその時のベストを尽くす
自分の感情を作る、嘘をつく →嘘をつきたくない本当の気持ち
人を信じることができなかった →人を信じたい
否定や批判をして安心しようとする →どんな人でも短所はある
相手にどう思われるか恐くて、自分の意思を伝えることが億劫 →相手にどう思われてもいい、自分の意思や信念に従って行動する。


じゃあ、具体的にどんなことで変われたのか?

台本を使った演技です。

ちょっ待って〜!

わかります!!


「演技なんて無理無理。」
「演劇は見るだけじゃないの?」

みなさんに伝えたいことは、演技をやれではないです!


演技を学んで感じることと、お客さんとして観て感じたこと
と同じだったからです!!



舞台公演を見ると、何か感じて得るものがあります。

・自分の求めていたことに気がつける
・自覚してなかった気づきや発見がある
・自分の心が成長できるキッカケになる


私は舞台を観にくと、その時自分が見たかったもの、求めていたことに気づきます。

物語や俳優に共感して疑似体験ができることで、過去のトラウマや心に引っかかってるものが呼び起こされ、感動したり泣いたりして浄化されます。


人の感情
セリフ
設定や時代
音楽など
×
思いもよらないところでグッときたり
何だかわからないけど心が苦しくなったり
ジーンときたり、怒りが湧いてきたり
やる気が出たり


解釈や感動するシーンも人によって様々で、正解はありません。

お話も理解しなきゃいけない、わからなくても、何か感じることができればいいと思います。

ごく稀に…つまらなくて寝ちゃうこともあります(小声)
そんな時も『自分が求めていたものが何だったのか』わかります。


自分が大切にしてるものが何なのか。

自分に響くもの、見たいものが何か。

何を得たくて見るのか。

見たらどんな気持ちになるのか。


絶対同じことはないです。
同じ演目でも、違う気づきや発見があります。

心と対話し新しい自分に出会える、人生まで豊かになるものだと思っています。



何から観たらいいかわからない…
自分の興味が惹かれる演目を、どうやって見つけるんだろう?

なので!

「私が出演する舞台を観に来てください!」

と、言えるように。


今、演劇ノウハウや声の知識をビジネスに活かすようなビジネスを始めます。

観ても演じても同じこと。

・コミュニケーションが少しでも円滑になれば
・緊張しないで話せるようになりたい
・恥ずかしさを改善したい
・自分を表現したい

そんな方のお手伝いをしたいです!

来月9月にワークショップ開きます!!


情報はコチラで発信していくので、興味のある方はチェックしてください!

イベントやセミナーを経験したから、お腹いっぱいになるような内容を計画中です。

ツイッター→errnzabesu2


みなさんの発信も教えてくださいね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

長い年月をかけて、潤いとか幸せを見つけていくんです。
3
演じるだけが女優じゃない!人生経験・感性・演劇のこと。読んでホッとする記事をお届けします。ブログ→https://errnzabesu.com/ ツイッター→https://twitter.com/errnzabesu2/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。