見出し画像

永遠の命を宿すお香と祈りの力

お香の仕事を長年続けてきた経験から、「永遠の命」を宿すお香が最も希少性が高く、その不思議な力は、お香を聞いた後に、目にみえるかたちとして消えてしまった後でも、香気が魂に蓄積されて、決してなくならないことを実感できるようになりました。おそらく、命を全うして、肉体を離れた後も、魂の旅を共に続けることができる感じがするのです。

この地球上で「永遠の命」を宿すお香といえば、伽羅と沈香。

何千年経っても、熟成を続け、香りがどんどん深くなっていきます。それはおそらく、香木の中の菌が命を宿して生き続けているからだと思います。

乳香も聖なるお香ですが、砕いた後に空気に触れると、時間の経過とともに、ほんの少しずつ劣化して、香りが変化していってしまいます。

東洋の蓮と西洋の薔薇は、それぞれ聖なる香りとして知られますが、花の命ははかなくて、切り花にすると、あっというまに劣化して、香しい香りが消えてしまいます。

アロマセラピーで使われる乳香や薔薇の精油も少しずつ酸化していきますので、残念ながら「永遠の命」を宿すものではありません。

私が10年以上の歳月をかけて探究した末に創作した「熟香®ロータス」と「熟香®ローズ」は、古代蓮とダマスクローズの香りに「永遠の命」を授けたいという願いからつくり出したお香で、オマーン産の極上の乳香グリーンホジャリ・ミャンマー産の香り高い琥珀・上品な香りのインド産老山白檀などを使って、発酵・熟成させた貴重なものです。

熟香®はお花の香りと乳香の香りが一体となって、乾燥させなければ、ほぼ永久に香りを放ち続けるところに、その価値があると信じております。

お香の創作において、なによりも大切なことは、祈りをこめてつくることです。

私がアメリカに8年住んでいた時、アメリカ人の元夫の仕事の関係で、ハーバード大学のコミュニティに属していましたので、最新の補完代替医療が身近に感じられる環境で、あらゆる情報が溢れていました。そんな生活のなかで、 補完代替医療の分野において、Prayer 祈りが最も効果があるという論文を目にして、驚いた経験があります。鍼灸、ヨガ、呼吸法、食事療法、音楽療法よりも、祈りの方がパワーがあるというのです。

今では、熟香®を創作する時に祈りを捧げることは欠かせない要素なのです。

伽羅・沈香、そして、熟香®の香りは、その永遠性故に、身体と心が元気になるだけでなく、「魂の滋養」となって、生きる力を授けてくれます。

さらに、ようやく最近になってお伝えできるようになったことは、いわゆるカルマを解消する力さえも備えているということです。

「永遠の命」を宿すお香の香りは、大事な役割をもつ存在であるということを、世界中の人々に、香りを通してお伝えしていくことが、私の天職だと今は強く感じています。









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします。世界のお香の調査・研究の活動のために使わせていただきます!

スキありがとうございます!
8
香研究家 渡辺えり代。10年間の海外生活と51カ国への旅を通して、世界のお香を研究し、聞香会、香スペシャリスト養成講座を開催。祈りをこめてつくる「祥香®」と古代蓮やローズを使い発酵・熟成させて創作する「熟香®」の香りを国内外の多くの人に体験していただきたいと願っています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。