見出し画像

アーティストへ送る、ホームページ作成ツールのおススメ

時々、アートやデザインで活動するクリエイターの方から
「コードは書けないけど自分のサイトを持ちたい」
「Webサイトって、どうやって作ったらいいの?」
「無料ホームページ作成ツールはどれが良いの?」
と尋ねられます。

Webデザイナーの経験がある私にとって、WebサイトのシステムといえばWordPress一択。
ツールの類は全くノータッチだったのですが、一通り触ってみてびっくり。

何もかもアプリ上でできる気軽さは確かに嬉しい。
というか、自分に合ったツールを選べば、誰にでも「自分の顔」として十分なサイトが作れるぞ……!

そこで今回はアート系のクリエイター向けに
「あなたの作りたいサイトにはどんなツールがオススメなのか」
選び方と特徴をまとめてみました。

まずは目的を考えよう

サイトを作ろうと思った時、なんとなく
「カッコいいのが作りたいなぁ〜」
と想像するかと思います。
私もその一人です(笑)
でも実は、かっこいいサイトを作りたいのなら、見た目の前に目的を考えた方が良いのです。

・何を目的に作るのか
・誰に見て欲しいのか

といったコンセプトを最初に考えると、見せたいものにマッチしたツールを選べるので、目的に合ったデザインが作れますし、管理も楽になります。
管理が楽になれば、更新もしやすい。
いずれ内容も充実していきます。
そして訪れる人にとっても居心地の良い、リピートしたくなるサイトになるのです。
リピートしているうちに、固定ファンになってくれる。
ファンが増え、それが訪問者数などの数字で見えてくれば、自分のやる気もどんどん上がっていきます。

なので見た目の前に、まずは目的を考えてみましょう。

・・・と、いきなり言われても難しいと思います。
そこであなたへのおすすめサービスがわかるフローチャートを作ってみました。

【質問1】と【質問2】の組み合わせで、あなたに合ったホームページ作成ツールがわかります。
ちょっと自分に問いかけてみてくださいね。

画像6

選べましたか?

さっそく結果に入りたいと思いますが、その前に。
基本的に、【質問2】で「A」を選んだ人にはWordPressをおすすめします。

WordPressは

1. サーバーを借りて
2. 自分でプログラムをインストールして
3. ホームページ作成ツールのように管理画面から扱う

初心者からベテランまで、世界中で広く使われているCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。
初期設定には少し知識が必要なので、敬遠してしまう人もいるかもしれません。
でも大丈夫。
一度インストールしてしまえば他のツールと同じ感覚で使えますし、分からないことは検索で調べれば乗り切れます。

何より

・サービスの終了を気にする必要がない
・広告の挿入もない
・世界的に普及しているので、そう簡単にはシステムがなくならない
・後であれこれしたい欲が出てきても、割と好き放題できる
・お金を払えばプロにテーマを作ってもらうことも可能
・もちろん自分で作ってもOK

といったメリットの方が大きいです。

あと、芸は"人"を助ける。
これをきっかけにサイト作成の技術を身につければ、いつかあなたも誰かの助けになれるかもしれません。

目的別おすすめツール

そうは言っても、いきなりWordPressは難しい……
そんな人も多いですよね。
ここからは、コードの知識不要で作れるホームページ作成ツールのおすすめを挙げていきます。

【質問1】が「A」だった人

自分のことをいろいろな人に知ってほしい方には、検索結果の上位に表示されやすくなる仕組みを整えると良いでしょう。
その仕組み=SEOに強いツールを使うのがオススメです。
具体的には

Weebly
Ameba Ownd

ですね。(詳細は後ほど解説します)
また、それぞれの方針にもよりますが、作品だけでなく自分の好きなことなどを記事に書くことでも検索からの入り口を増やせます。
あなた自身のキャラも伝わり、もっと興味を持ってもらえるかもしれません。

【質問1】が「B」だった人

ファンに最新の活動情報をお知らせしたい方には、充実したブログ記事を手軽に書けるツールや、記事がシェアされやすいツールがおすすめです。

Ameba Ownd
ジンドゥー(Jimdo)

最新の展示やイベントの情報を、文字・画像・動画などを交えて伝えてみましょう。
画面越しでもよりリアルに体感できて、「実際に見に行きたい!」と思わせられますよ。
特に記事に「いいね」や「リブログ」ができるツールは拡散されやすく、モチベーションも上がりやすいです。

【質問1】がCだった人

作品を見てもらうポートフォリオを作りたい人は、ギャラリー表示が美しく、お問い合わせしやすいサイトを作りましょう。
初めて訪れたギャラリーが企業の人にプロフェッショナルな印象を与えられるデザインと、InstagramなどのSNSへ飛びやすいレイアウトであることがポイントです。

Weebly
Wix

ポートフォリオに特化したツールは他にも沢山あるのですが、ここではそれ以外の機能やカスタマイズのしやすさなども考えて除外しています。


ホームページ作成ツール4選!

では、それぞれの詳細を見てみましょう。

Wix | 紙のデザインが得意な人におすすめ

https://ja.wix.com/

サイトを作るだけでなく、コンテンツ販売やコミュニティ運営などにも使えるオールマイティーなツールです。
「オンライン予約受付」でワークショップを管理すると便利かも。

デザイン面では、レイアウトの編集がとても柔軟にできるのが特徴です。
紙のデザインをするような感覚で、文字を入れたブロックの位置まで細かに編集できます。
その分、思い通りに美しくカスタマイズするにはセンスが要求されますが……。

画像2

この機能には注意点があって、新規でサイトを作る時に
自分でテンプレートを選んでデザインを組み立てる「Wixエディタ」
を選んでおかないと使えません。
もうひとつ
質問に答えるだけでAIがサイトをレイアウトしてくれる機能「ADI」
も選べますが、こちらで作成するとレイアウトの編集機能が限定的になってしまうのです。

アプリでの記事作成は、メモアプリのような使い勝手が気軽。
「文章入力」「画像の挿入」「ギャラリー作成」といった基本的な要素を入れられます。

【特徴】
・レイアウトの編集がとても柔軟。
・テンプレートの種類が豊富。
・メモアプリに書く要領で簡単に記事が書ける。

【注意点】
・アプリからサイトの新規作成はできない模様。ブラウザから操作するWeb版(スマホやタブレットからでもOK)で作成しましょう。
・デザインの確認もWeb版のみの機能です。

【有料プラン】
・プランはドメイン接続: ¥500/月、ベーシック: ¥900/月など
・独自ドメイン(〜.comなど)で運営できる
・データ容量が増える
・Wixの広告を非表示にできる
・最大30分の動画アップロードが可能

ジンドゥー(Jimdo) | 文章がメインの人におすすめ

https://www.jimdo.com/jp/

イベントレポートや近況など、文章がメインの記事を頻繁に更新する人におすすめなのがジンドゥー(Jimdo)です。

アプリで記事を書く時の操作がとてもシンプルです。
文章の段落をサイドバーから並び替えられるのが、長文を書く人にぴったり。
画像以外のメディアを差し込むにはPCを使う必要がありますが、表やGoogleカレンダーなど様々な要素が用意されています。

画像6

PCから新規でサイトを作る時、こちらもWixと同じように
・AIビルダー(PCのみ・コーディング不要)
・ジンドゥークリエイター(コーディング要)
が選べるのですが、大事な注意点が。
AIビルダーで作ったサイトはアプリから管理できません。

また、
・AIビルダーで作ったサイトは「〇〇.jimdosite.com」
・モバイルアプリ&ジンドゥークリエイターで作ったサイトは「〇〇.jimdofree.com」
と、URLも変わってきます。
ここでもおすすめは「ジンドゥークリエイター(コーディング要)」ですね。

【特徴】
・シンプルな操作性のおかげで、アプリでの長文作成が楽。
・サイトの中にネットショップを開設することができる。
・Web版(PCのみ)は機能が多く、痒いところに手が届く。

【注意点】
・AIビルダーで作ったサイトはアプリから管理できない。
・アクセス解析やGoogle Analyticsとの接続は有料プランのみ。
・テーマはブログ向けが多い印象。
用途別にカテゴリー分けされていないので、自分の中でイメージが明確でないと「作品を並べるならどのテーマがいいの?」と悩んでしまうかも。
・アプリではできることが限定されているので、デザインや基本設定はPCで行うのがおすすめ。

【有料プラン】
・料金:¥990〜/月
・高度なSEOを設定できる
・アクセス解析ができる 
・広告非表示

Weebly | 簡単にギャラリーサイトが作れる

https://www.weebly.com/jp?lang=ja

シンプルで整ったテーマが用意されていて、ギャラリーサイト向け。
他にも
・PCを持っていない人
・スマホやタブレットでしか更新・編集しない人
・将来的にHTMLやCSSなどのコードを勉強したい人
におすすめしたいのがWeeblyです。

アプリからでもドラッグ&ドロップでメディアや地図などを追加でき、サイトのデザインから展示・イベント情報の記事作成までをPC並みの操作性で行えるのが魅力。

画像5

画像5

有料プランでは追加できる要素が増えるのですが、無料の範囲でも十分すぎる量が用意されています。
更にアプリセンターから「アプリ」を追加することで機能を増やせます。

その上、HTML/CSS編集画面からコードを編集して見た目のカスタマイズも可能です。
なんとも驚異的な柔軟さです。

SEO設定の面でもユーザーに優しく、フッターコードとヘッダーコードの追加が無料プランでも可能。
ここにコードをコピー&ペーストすることで、アクセス解析ツール「Google Analytics」(何時頃に、どこから、どのページを見に来ているのかがわかる)を利用できます。
Weeblyの提供するアクセス解析は有料ですが、自力でコードを追加すればアップグレード不要ですね(笑)。

【特徴】
・ドラッグ&ドロップで簡単にメディアや地図を追加できる。
・フッターコード、ヘッダーコードに対応。無料でもSEO最適化設定がきめ細かにできる。
・HTML/CSS編集でテーマをカスタマイズできる。

【注意点】
・機能豊富な分、完全に使いこなすには知識が必要。

【有料プラン】
・料金:独自ドメイン対応のみは$5.00 /月、機能追加は$12.00 /月〜
・無制限ストレージ(容量)
・カスタムドメインの接続
・Square広告の削除
・高度なサイト統計情報
・サイト内検索
・ビデオ背景 
など

Ameba Ownd | 機能豊富、フォローでつながる

https://www.amebaownd.com/

フォローやいいねで人と繋がれ、痒い所に手が届く機能が満載。
Amazonや楽天の商品リンクを、商品ページのURLを貼り付けるだけで作成できるのが手軽。
全体的に日本国内向けに最適化されていて、とにかく絶妙なバランスが嬉しいのがAmeba Owndです。

画像6

何より無料で独自ドメインを設定できるのがポイントです。
詳しくは後述しますが、独自ドメインの設定はセミプロ・プロとして活動していくなら必須と言っても過言ではありません。
有料プランのみ対応のツールが多い中、この機能が無料なのは特徴的です。

その無料プランの制限も
・ページ数 10ページまで(ブログの記事は含まない)
・画像ストレージ 1024MB
と緩いので、最初は無料で始めて後々有料プランへ…といった使い方もできそうです。

デザイン面では
・選べるテーマはそんなに多くないけれど、ひとつひとつがオシャレ
・目的ではなく「シンプル」「かわいい」などのフィーリングで選ぶ
のが特徴。
CSSカスタマイズで好みの見た目に編集することもできます。
(※CSS = 文字や背景の色、枠の形や線などの見た目を編集できるコード)

【特徴】
・フォロー機能あり。
・公式ページの「サイトを探す」から、サイトをカテゴリ別に探せる。
・記事ごとに、検索エンジン向けの説明文とキーワードを設定できる。
・標準でアクセス解析あり。
・無料でGoogle Analytics(何時頃に、どこから、どのページを見に来ているのかがわかる)やSearch Console(どんな検索キーワードでサイトを訪れているのかがわかる)との連携ができる。
・Movable TypeやWordPressから記事をインポートできる。

【注意点】
・メインページ以外には必ずサイドバーが付く模様。ギャラリーサイト向けではないかも。
・アプリからの記事作成で使える機能は「フォント」「引用」「リンク」「画像追加」のみと限定的。

【有料プラン】
・料金:¥960 (税込) / 月
・ページ数 無制限
・画像ストレージ 無制限
・PC広告の非表示
・モバイル広告の非表示
・Owndヘッダ/フッタの非表示

独自ドメインは取っておこう

ホームページ作成ツールを利用するにしても、WordPressを使うにしても、必須と言っていいレベルで取得してほしいのが独自ドメイン。
「〇〇〇〇.com」「〇〇〇〇.jp」のようなURLのことです。
年間約¥1,000〜かかりますが

・URLを覚えてもらいやすい。
・ホームページ作成ツールのサービスが終了しても、同じアドレスで新サイトへ誘導できる。
・同じドメインでメールアドレスも持てる。
・プロフェッショナルな印象を与える。

といったメリットがあります。
私のメインサイト、「erikaobama.com」も独自ドメインで運用しています。

目的とツールを選んでステキなサイトを作ろう!

初めて自分のサイトを作る時って、
右も左も分からないし、専門用語もワケワカラナイ!
混乱しますよね。
私も最初はそうでした。
当時はSNSはおろかブログすらない時代で、ひたすらGoogle検索とコードのコピペを繰り返していた覚えがあります。

そこから技術を学んでいって思うのは、

ツール選びよりも技術力よりもずっと大事なのは
「サイトを作って何をしたいのか」
「誰に何を楽しんでほしいのか」
をはっきりさせて実際に行動を起こしていくこと

だということ。

そしてWebサイトはそれをサポートしてくれるメディア。
この記事が、あなたの活動の助けになれば嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
MacやiPhoneで2Dイラストや3DCGを作ったりデザインしたりなお絵描きミニマリストです。 メインはこちら→erikaobama.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。