見出し画像

マットレスを処分しました

シェアハウスはベッドが備え付けですが、
私はマットレスが嫌いな人です。
ぶわぶわで気に入らず、苦痛。
ほんっと、入居して一番の問題でした。

新規入居者が入るたびに
(毎回じゃないかもしれないけれど)
マットレスを交換するのを見て、
オーナーさんに「私の部屋のマットレスを
新規入居者の部屋へ移動してくれないか」
と再三要望したのですが、
「備品なので、他の部屋へ移動はできない」
一点張りで、許諾してくれません。

一律管理したい都合はわかるけど、
私がマットレスを譲れ?ば、オーナーさんも
経費が浮くと思うんだけど。

気温が上がってきて、
さらに暑くて嫌になったので、
ずっと跳ね上げて使っていましたが、
とうとう耐えかねて、
「退去の際に弁償するから処分してまえ!」
と強行しましたよ。

クロネコヤマトの家具配送サービスで
一人暮らしの息子へ送ってしまいました。

いったいいくらかかるかなー
でも寝床というのは毎日のことです。
結構深刻。背に腹は代えられません。
お金かかるのは覚悟で、
毎日の快適をとりました。

ただでさえミニマムなシングルベッド、
厚さ20cmのマットレスが横に張り出して
幅が3/4くらいになってました。
処分したらやっとシングル幅全部を
のびのび使えるように正常化したよ!

入居3ヶ月、まともに寝ることもできない
過酷なスタートからやっと一歩前進です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
元「片付けられない女」、断捨離歴15年の断捨離マニアです。横浜から東京都港区のシェアハウスに引っ越しました。 本業はヒプノセラピスト、前世療法のサロンPADOMAを港区三田に移転して職住接近! 双子の息子の母。世界の料理を作る料理病。岡山と都内の2拠点生活を計画中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。