見出し画像

「できない」よりも「できそう」を探る。 ”駆け込み寺”のような印刷会社の話。

noteを書こう!書こう!と思いつつ、後回し!後回し!となっていましたが……ようやく書く流れに乗れました。

改めまして、こんにちは!
印刷サービスEPと申します。まだローンチして数年程度の印刷加工サービスのため知らない方も多いと思いますので、まずは自己紹介を書いてみることにします。ということで、知らない方も知ってる方も、ぜひぜひご笑覧ください!

EPってどんな印刷加工サービス?

EPは、デザイン事務所が運営する「こだわりの印刷加工物」を作ることができる印刷加工サービスです。


例えば……

画像1

一番手前のものはEPの今年の年賀状なのですが、水面のような箔押しと型抜きのみで仕上げています。こういった「こだわり」がある印刷加工物なら基本守備範囲の印刷加工サービスです。

もう少し細かくお伝えすると、次のような3つの特徴があります。

1:日本と台湾の工場で制作
2:自社工場を保有していない
3:できないよりもできる方法を一緒に探る

1:日本と台湾の工場で制作
EPの運営会社は日本と台湾に1社ずつあり、従業員の大半は台湾人で構成されています。日本の事務所には日本人2人、台湾人4人、犬2匹がいます(犬はシェルティーとダックスです)。そいうった背景もあり、サービス当初は制作物のすべてを台湾の工場で制作していましたが、現在は日本国内の提携工場の整備も進み、案件の性質に合わせて日本で作ったり、台湾で作ったりしています。
一応、シェルティーのインスタアカウント貼っておきます!がくれぐれも離脱しないでくださいね泣

2:自社工場を保有していない
EPは自社工場を保有しておらず、日本と台湾の工場と提携/連携して制作を行っています。なので、厳密には「印刷加工のコーディネート・マネジメント」というのが正解かもしれません。自社工場を保有する選択肢もありましたが、容易に加工を越境していくことを最優先事項とし、コーディネートに特化しています。

3:できないよりもできる方法を一緒に探る
「○○加工はできるけど、△△加工はできない」と断られてしまったーー。私たち自身の実体験でもありますが、EPをご利用いただくお客様からこういった話をよく聞きます。複雑な印刷加工物を作る場合、「対応可能な限られた会社を見つかるまで探し続ける」か「自分で各社への発注・納入等の進行・管理を行う」または「せっかく考え抜いた仕様を削っていく」という岐路によく立たされます。そして多くの場合、やむを得ず仕様変更することを余儀なくされている印象を受けます。

例えば……

画像3

画像4

こだわりのファンシーペーパーに、特色印刷、型抜き、箔押し……これくらいの加工数になってくると一括でできる印刷会社さんを探すのが大変になってくる気がします。

EPはこの課題を解消すべく、あえて自社工場を保有せずに印刷加工のコーディネートに全振りしています。全振りしたことにより「○○加工はできるけど、△△加工はできない」から「○○加工も△△加工もできる」「なんなら××といった方法も考えられますね!」といった具合に、クリエイターの方々とできそうな方法を探っていける環境が生まれました。同時に、その複雑なハンドリングもEPが一手に引き受けることで、クリエイターの方々の負担を軽減します。このあたりのことはまた別の記事で詳しくご紹介できたらと思います!

現に「ほかで断られちゃってーー」と言って、EPを頼ってきてくださるお客様も多く、そんな理由で使っていただけたら燃えますね! 真っ先に駆け込んでいただけたらそれはそれでありがたいですが笑、「駆け込み寺」のような存在として頼っていただけるのは嬉しい限りです。

制作事例の一部はInstagramにアップしているので、よかったらちらっと覗いてみてください。
※弊社都合により、現状SNSはカード類や箔押しのオンパレードになっていますが、パッケージや製本などもばっちし出来ますのでご安心ください!

EPが目指すもの

EPのサービスを正式に立ち上げる際に、「印刷を最高に面白く。」というスローガンを掲げました。台湾の本屋やCDショップに行くと、印刷加工が惜しげもなく使われた商品をたくさん目にすることができます。箔押し、活版、シルク、スクラッチ、ブラックライト、刺繍など、印刷加工の見本市かというくらいに多種多様な加工を目にすることができます。それを見て、印刷加工って面白いなあと思ったのと同時に、まだまだ面白くできそうだなと思いました。私たちはクリエイターのみなさまと一緒に「これはやばい!!!」と思えるものを作り、たくさんのワクワク、ドキドキが溢れる世の中にしていきたいと考えています!

EPのショールームが新宿にオープン

画像2

最後にお知らせです!
2021年4月1日より東京メトロ・新宿御苑前駅徒歩1分の場所に、EPのショールームをオープンいたしました。ちょうど先日、「世の中にクリエイティブを見つける、届ける」ウェブメディアの『haconiwa』さんが取材にいらしてくださったので、詳しくはぜひhaconiwaさんの記事をチェックしてみてください!

ショールームは現状、事前予約制となっています。下記予約フォームからご予約の上、ご来場くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ショールームでみなさまとお会いできることを楽しみにしております!
最後まで、お読みいただきありがとうございました!

文/タキザワ

こちらの記事を面白いと感じて頂けた方は「♡マークのスキ」を押していただければ幸いです。(スキは非会員でも押すことができます)
また、フォローやシェアも大歓迎でございます。

↓↓↓ぜひTwitterやInstagramのフォローもよろしくお願いいたします!↓↓↓

Instagram|@epprint_tw
Twitter|@epprint_tw
facebook|@epprint.tw

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
印刷加工サービスEPの公式アカウント。日本と台湾を拠点に、こだわり印刷加工物の制作をお手伝いさせていただいています! 【公式サイト】https://ep-print.tw 【ショールーム予約】https://airrsv.net/epshowroom/calendar