34歳・小劇場俳優の挑戦~たったひとりで800人を集めるまで~

俳優・小沢道成が、自ら主宰するEPOCH MAN 新春ひとり芝居「鶴かもしれない2020」を成功させるまでの166日間を、ライター・横川良明の視点で綴った演劇ドキュメンタリー。
固定された記事

たったひとりで800人の観客を集める。ある俳優の勝算の見えない挑戦を追いかけようと決めた理由

「駅前劇場でひとり芝居を打つことになった」 彼ーー俳優・小沢道成からその話を聞いたのは、梅雨入りして間もないある夜のことだった。下北沢の雑居ビルの3階に構えたカ…

903の、ありがとうございました

『鶴かもしれない2020』が千秋楽を迎えて、もう2週間が経ちました。 日常というのは本当に色気もへったくれもなくて。あんなにお祭りみたいな日々も過ぎればあっという間…

明日、いよいよ『鶴かもしれない2020』の幕が上がる

ついに明日から『鶴かもしれない2020』が始まる。 期間にして、たった5日。でもこのたった5日のために、小沢道成は持てる時間をすべて注いできた。その成果が、この5日間…

『鶴かもしれない2020』通し稽古レポート

いよいよ明後日。『鶴かもしれない2020』の幕が開く。 たったひとりで800人を集める。駅前劇場への小沢道成の挑戦が、どんな結末を迎えるのか。その審判のときが近づいて…

『鶴かもしれない2020』その音楽について

『鶴かもしれない2020』の見どころを挙げる上で欠かせないのが、音楽だ。これまでも悪い芝居の岡田太郎とタッグを組み、音楽の力を使って作品をより強く印象づけていたけれ…

芝居は、ひとり。稽古は、ふたり。

今さらだけど、『鶴かもしれない2020』はひとり芝居だ。主な登場人物は、ふたり。女と、男だ。女は男を愛し、男の部屋に転がり込む。男はそれを受け入れ、女の中に安らぎと…