マガジンのカバー画像

tajima_memo_mrs

11
一般社団法人新宿地域活性化推進協会(MRS)に関する、専務理事田島の所感です。
運営しているクリエイター

記事一覧

学生でもないし、社会人でもない。学生でもあるし、社会人でもある。あなた、は?

いつも同じこと言っているのですが「(大)学生」というものを「社会を知らない未熟な存在」と…

田島悠史
10か月前

みなとメディアミュージアムの成り立ちについて〜なぜ、どうやって生まれたか〜

0.はじめに茨城県ひたちなか市那珂湊でやっている小規模地域芸術祭「みなとメディアミュージア…

1,980
田島悠史
1年前

もう、飛ばない:38歳の決意

2年前のオマージュから始めようと思う。 2019年3月20日、38歳の誕生日の翌日の夜は新千歳空港…

田島悠史
2年前

この二年間が終わる。

羽田空港から乗車した、実家(町田)に向かうバスの中から書いている。 今回の出張の目的もい…

田島悠史
2年前

「アイヌの美しき手仕事」と「蒐集の時代」について(雑感)

たまには気楽なことも書こうと思う。先日珍しく札幌で休日を迎えたので、北海道近代美術館で開…

300
田島悠史
2年前

若い人の足を、引っ張る大人にならないために

ただの雑談。 最近、地域と若者、というキーワードで括れるであろう、ある二つの批判的な記事…

田島悠史
2年前

「アート×まち」な視点から見るべき、2019秋の中小規模の芸術祭9選+α

はじめにぼくが事務局長をつとめた茨城県ひたちなか市の芸術祭みなとメディアミュージアム(MMM)2019が終わりました。残務処理と見なかったことにしていた別仕事の山を眼前にして、クラクラしている昨今の田島です。 さて、MMMには毎年、多くの実行委員が加入します。その中には芸術祭なんて知らなかった、そもそもアートに興味がなかった、という人もいます。そのため他を知らないことで悩んでしまったり、辛い思いをすることもしばしば。事務局として実行委員の悩む姿を見ながら、中小規模の芸術祭の

スキ
6
有料
300

「シンクロしないこと」について:さのかずやさんの読書会と、久しぶりの下北沢の夜

下北沢は、本当に良い街だ。 活気と、若さと、多様性に溢れている。飯はうまくて安い。酒を飲…

田島悠史
3年前

地域アートプロジェクトの事務局制度:みんなで議論して、ずっと続けるために

先日、ぼくが関わっているMMM(みなとメディアミュージアム)とMRS(一般社団法人新宿メディア…

300
田島悠史
3年前

紅あかりと、写真と、人:斜里・知床フィールドワーク

去る2019年2月15日から17日まで、北海道斜里町(知床ウトロ地区を含む)に滞在したのでご報告…

300
田島悠史
3年前

「アートプロジェクトの時代」が終わる前に:地域に文化芸術を残すためにできること

(合計6500文字程度の有料記事となっていますが、ほぼ全文読めます。「支援のお礼」として、80…

300
田島悠史
3年前