見出し画像

「ナカガワケン」-男子発言ノート42

ある日オフィスで経理担当の男性が尋ねてきた。

「ねぇ。ナカガワさんって知ってる?
ナカガワケンさんって人から振り込みがあったんだけど、誰だろう? 心当たりある?」

知らない名前ではあったけれど、「どんな漢字ですか?」と一応訊くと、

「分かんない。カタカナだから」

そう言って通帳を見せてくれた。
そうか。通帳ってカタカナで記帳される。

うーん、分かんないなぁ……ナカガワケンさん……中川……賢……? そう考えていたら、

「あっ、ごめんカナガワケンだった!」

神奈川県!!!

どうやら、県の業者からの振り込みだったらしい。
人じゃないじゃんよ! 「健」でも「賢」でもない。県じゃんさ、「県」!

……経理男性がお茶目すぎて、笑わせてくれすぎて、なんてこったって感じだった。愛おしくってまいった。

けど、同時に、「中川 賢」とか「名嘉 我羽剣」って人が取引先にいなくて良かったなと思った。彼らの振り込みになってしまうところだった。(ならないよ!)

なんかこう、誰かのアホな間違い言動を笑えるって、うれしい。
そのひとのことが好きってことの反射神経だと思うから。

誰かを好きでもきらいでもじぶん、なら、
誰かを好きなほうのじぶん、のがいい。

ありがとう、そんなことに気づかせてくれたナカガワケンさん(架空)。


-----
*本記事は、消しちゃった過去記事を改めてupしたものです。

Twitter
ときどきTwitter版男子発言ノートもつぶやいています。お気軽にフォローなどどうぞです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うち来る? ちょっと歩くけど。(言われたいセリフ50音「う」より)
42
脚本家、エッセイ・コラムニスト/『男子発言ノート 〜どうせ“私じゃない誰か”を好きな男たちの言動について』、『好きにならずにいられてよかった』、漫画家つきはなこさんとのマガジン『ピン留めの惑星R』他、連載中。http://www.ohshimatomoe.com/

こちらでもピックアップされています

男子発言ノート
男子発言ノート
  • 71本

【連載エッセイ】どうせ“私じゃない誰かを好きな”男たちの言動について。