発泡し続けろソーダ水 – 好きにならずにいられてよかった〈3〉
見出し画像

発泡し続けろソーダ水 – 好きにならずにいられてよかった〈3〉

好きにならずにいられる理由を探してホッとしている。

好きになってもらえるはずがないからと、傷つく前に早々に退散。
ホントはどーでもいい理由にかこつけて。

好きにならずにいられてよかった、恋に落ちてもよかった瞬間―。

手渡されたソーダ水の口をひねって、勢いよく噴き出してきた炭酸水はもう、恋のはじまりの盛大なファンファーレでしかなかった──。

仲間うちでの持ち寄りパーティで、お酒を割る炭酸水が切れて買い出しに行ってくれた彼は、そういえば思ったよりもずいぶん早くに戻って来た。
そして、その炭酸水がブシユッ!!!!! と派手に弾けた瞬間、彼の道中での振動が、はやる鼓動が、気泡となって私に降り注いだ。

どんだけ急いで走って買って来てくれたの?

純粋で、真っ直ぐで、好きになる以外ない彼の仕打ち。
手や、服が、お気に入りの靴が、泡だらけでびしょ濡れになったけど、それが何?

もう大好きだよこんな人!
好きにならずにいられるはずが、なかった。

なのに、好きにならなかった……。
彼女いないし、アクティブだし、小指の爪もたぶん伸ばしてなかった。地方アイドルヲタだけどそれが何? 情熱家! なのにナゼ……ナゼすぎる。

とかいいつつ、何かが好みじゃなかった。

ドばか! もう、こんな私がダメだ。
こんな私に好きになられなくて、彼ホントよかった!

付き合ったって、初めてのケンカで「はいはい! どーせあのパーティん時、すぐ外にあった自販機で買ったのに、部屋に戻って入る直前にガンガンに振って差し出したんでしょ!」とか要らぬ邪推をして、いたずらに彼を傷つける。いいことない。彼にとって。

だからきっと……好きにならずにいられてよかったのだ。何よりも彼のために(?)。

一度フタを開けてしまった炭酸水は気が抜けていくのだ、仕方ない。


///



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
おもに恋とじーん|エッセイや掌編・シナリオを書いています |どうせ“私じゃない誰かを好きな”男子たちの言動について綴った『男子発言ノート』『好きにならずにいられてよかった』、漫画家つきはなこさんとの『ピン留めの惑星』他 https://www.ohshimatomoe.com/