立ち絵描き終わった

冒頭の紹介用の立ち絵

よっしゃ終わった。多分この辺が好き嫌い別れないデットラインだよな。影付けると結構アクが強い。タイプごとの出来の良し悪しはもうしょうが無いよな。

紙媒体で出版しようと思ったんだが、白黒でも結構高いな。そもそも何部売れるんだこれ。一応解説本なんで、俗に言う『厚い本』になっちゃうんだよな。


現状決定している流れ

・18タイプのざっとの紹介はnoteで無料公開

・タイプ1(1w9&1w2編)のように、9冊以内に分けて書籍化

・まず売れそうにないタイプ3かタイプ7辺りを無料でサンプル公開


実物(白黒印刷)になるか、電子データ(全編カラー)になるかは、完成してから値段を鑑みて決めようと思います。同人誌ほんと趣味のコスパだな。

そもそも剽窃の可能性があったボンカレー君がアボンしたことで、正直リスクはだいぶ減ったんだよな。しかしいつ新しいUMAがスポーンしてくるか分からんしなあ。

1次2次両方やっている同人界隈の友達に「有料販売している著作物を無断転載されたことってあるか?」と聞いてみたが「お前何言ってるの?てかそんな奴いるのかよ」と返されました。

ここは「ひんたぼ島」ですかね…

「ひんたぼ島」とは…「たけしの挑戦状」に登場する常識が通用しない国家


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
ユングのタイプ論、エニアグラム、エゴグラムなどを扱っている「NT'sのblog」の転生先アカウントです。ちょっとタブーな内容と独自考察を投稿しております。初期の記事は、一部内容の薄いものがあるため、現在追記中です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。