勇敢な日本経済論(高橋洋一、ぐっちーさん、講談社現代新書)

Enthalpy

誰にしも、「この著者の本なら、ジャケ買いする。」という作家さんはいらっしゃると思うのだが、私にとっては、経済学者の高橋洋一先生が、その一人だ。
(内容は、勿論、経済というテーマで。)

経済を学びたいなら、高橋洋一先生の経済論が鉄板である。

本書、「勇敢な日本経済論」を理解できる力があるなら、十分、合格点だし、類書も読んで、理解を深めれば、もはや、「政策通」だろう。

その位、中身の濃い、素晴らしい本。

高橋洋一先生の著書で一環しているのは、「すべて数字で説明するから明快」という点。高橋氏ご自身が、数学科出身だから、アプローチが、自然科学的というのも納得である。 

本書は対談本である。ぐっちーさんは、対談当時は、経営者でありビジネスマンであろう。

高橋洋一先生は元官僚として、ぐっちーさんは、ビジネスマンとして、フランクながら、かなりハイレベルな対談となっている。

最近は、猫も杓子もYouTubeで、対談なんぞも記憶に残らぬ「放談」の類が多い。

私もその恩恵を享受してはいるが、本書を読んでみて改めて思う。やはり、編集というプロセスを経て出版される本という形で読むのは、他のメディアとは一線を画している。

改めて思うが、例えば、国会議員で、例えば、経済政策通と言われたいなら、高橋洋一先生の本を読んで経済政策を理解すれば良い。

すでに、アベノミクスという枠組みの中で、日本経済が回復したことは立証されたのだから、なおのこと、勉強しない手はないだろう。

ただし、気をつけなければならないのは、成長戦略、制度改革、既成緩和と言った「アベノミクス第三の矢」は、基本、「無用」。

というより、先生自身が何度か「成長戦略」を聞かれたが、そんなものは分からないし、具体的にどうすれば良いのか分からない、と。

もしアイデアがあるなら、役所など辞めて、自分でビジネスをする、と。まあ、それはそうだ。

何はさておき、本書のおかげで改めて、日本経済に関して楽しみながらおさらいができたし、さらに、新たな視点を得ることが出来て、目から鱗が落ちた。

最後になったが、本書、高橋洋一先生の対談相手ぐっちーさんはすでに鬼籍に入られているとのこと。御冥福をお祈りします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!