見出し画像

2017年を振り返る - Camping Trailerとおれ

二日酔いで胃がぐるぐるしてるなか北海道に向かう飛行機のなかで書いてます。書いてたら大作になってしまい年越してしまいました😇 

今年は新譜のリリース、MV撮影、メンバー加入と非常に濃い一年でした。

新譜のリリースとTELMOS. FEST

2月に新譜 Memoryscape+4をリリースしました。
https://ttosdomestic.thebase.in/items/5512159

リリースに伴い2月に開催したレコ発兼フェスのTELMOS. FESTは自分のバンド史上最高のイベントでした。尊敬し愛してやまないバンドが僕らのリリースを祝ってくれること、沢山のお客さんがイベントを楽しんでいただけたこと。

このメンバー、この出演者じゃなかったら実現できなかった1日でした。

undersign, ANYO, SEMENTOS, 裸体, ハルカカナタ, Cell the rough butch, asayake no ato, heliotrope, sleepless, said出演いただき改めてありがとうございました。


GetReady の再録とMV収録

その後色々あってGetReady をポニーキャニオンさんに再録していただきました。最高の環境で最高の音を録れました。今までみたことのないレコーディングスタジオ。

貴重な経験をさせていただきました。

日置さん平出くん、スタッフのみなさまありがとうございました。このスタジオでレコーディングできるのが普通になるくらい精進します。

MVリリース

ここまでクオリティの高い音を録れたならば、これは最高のカタチで世に出さねばとMV撮影もしました。

ハラレマさん本当にありがとうございました。おかげさまで最高のMVになりました。

吉田ハラレマさんスタジオけろり:https://keroris.tumblr.com/


サポートメンバーの加入

9月に最高のキーボード、ウエダケンシロウ(アトレモ)が加入しました。

実は加入の話は一年前からありました。リリースなどのイベントの兼ね合いでここまでかかってしまいました。やっと、ようやく発表できました。

サポートですが心はメンバー。

5人のCamping Trailerをよろしくお願いします。

※メンバーへ: 5人の写真全然ないから今度撮ろうな!


最高の仲間

嬉しいことに昨年は沢山のバンドのレコ発やツアー、イベントに関わらせていただきました。


下北沢ERAとCamping Trailer

今年はレコ発、ツアーファイナル、年末イベントと下北沢ERAには大変お世話になりました。もうほんと好き。多くは語りません。今年もよろしくお願いいたします。


宇都宮ハロードリーとThe Velvet TeenとCamping Trailer

日本中探してもこんなにエモい箱はないです。久保さん一家、スタッフのみなさま、昨年は大変お世話になりました。沢山思い出があるハコですが、中でもThe Velvet Teenとの共演は自分史に刻まれた1日でした。。

本年もよろしくお願いします。最高です!


つくばパークダイナーとCamping Trailer

ドラムいのけんが育った箱、つくばパークダイナー。岡野さんならびに、Pink-House, SOME OTHER GUYS、スタッフのみなさま大変お世話になりました。

僕はあの大きなステージと打ち上げをいつも楽しみにしています。

懐が広く暖かい場所です。

今年もどうぞよろしくお願いします。


nimと京都ガタカとCamping Trailer

京都が誇る最高のバンドnim。そして京都ガタカ。

昨年は沢山お世話になりました。

nimとCamping Trailerについて語ると長編になってしまうのでこの場では割愛します。

いつかちゃんと文字で残したいと思います。

今も高みを目指し刻々と変化していくnimもガタカも大好きです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


生誕祭と四軒茶屋とライブホリックとおれ

半分冗談と酒の勢いで決まった生誕祭。

最高に好きな人たちに僕の誕生日を祝ってもらい、涙が出るほど最高な2日間でした。

chikyunokiki 、高井息吹ちゃん、ねたこちゃん、ジャパン、のむしゅん、シュラフサック、マウンテンズ、音の旅crew、小山ソロwithケンシロウ、Camping Trailerありがとうございました。

この時出演してもらった、ねたこちゃんとジャパンとはこのイベントがきっかけで飲み仲間になりました。

5軒飲みにいって4軒目でお好み焼き食いにいくとか正気じゃないくらい本当アホみたいに飲んで食ったね。次は2月かな。楽しみ。

四軒茶屋

四軒茶屋はよく飲みにいくお店です。

グランドピアノが置いてありバンド演奏もできる最高のバーです。

ちーでま、本当にありがとう。一人で来て記憶無くしたりと色々な意味で今年もお世話になりました。。今年も生誕祭やろうな。どうぞよろしくお願いします。

LIVE HOLIC

ライブホリックは、出演こそ多くはできなかったのですが今中兄さんといのけんには大変お世話になりました。

最後の年末イベントで記憶失くしてしまったので今年はリベンジしたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。


裸体とSEMENTOSとWARPとナインスパイスとCamping Trailer

大阪のバンドにもかかわらず裸体とは沢山一緒のステージに立ちました。セメントスも同じくらい一緒にやりました。

まじ最高。同年代ラブ。マストカム。本当好きすぎるから来年も一緒にやろう。


吉祥寺WARP

WARPでの一番の思い出はレオナさんに2000円渡したら裸体Tで返ってきたことです。

今も着てます裸体T。実はレオナさんと企画を暖めているのですが、僕がパンパンでなかなか開催まで運べず、、すみません必ず企画しますので。必ず。最高の日に絶対しますから。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


新宿NINESPICES

ナインスパイスは昨年一昨年と年末イベント出演させてもらいました。

昨年はあまり出演できませんでしたが今年こそ!

どうぞよろしくお願いします。


Cell the rough butchとおれとMoment FesとCamping Trailer

Moment Fesはブッチが主催する札幌のサーキットフェスです。

DIYなフェスとは思えない活気と愛に包まれた最高のフェス。

6会場あるのにメンバーの誰かが必ずライブを観にくるしボランティアスタッフの団結力も凄い。ここまでくると街興しに近い。

ブッチの登とは10年以上の付き合いで、彼が地元のバンドシーンを盛り上げていることを心から尊敬するし誇りです。

ブッチ、モーメントスタッフの皆さん、スピリチュアルラウンジ新保さん今年もお世話になりました。

来年もよろしくお願いします。


しおんぬとおれ。歳星フェスとCamping Trailer

なんやかんや、しおんぬと酒を交わすことが多い。

しおんぬは “歳星の煌めき” というイベントを定期開催しているイベンターだ。

今年は4月に京都グローリーで開催された歳星フェスに出演させてもらった。

今年の歳星フェスは錚々たるメンツだったし来年も開催されるだろう歳星フェスも間違いない。

しおんぬの周りには酒好きのバンドマンが集まる。彼女にはイベンターとしての誇りがあり覚悟がある。

最後、サスカッチが演奏している時に涙を流すしおんぬを写真に納めれなかったのが心残り。それを肴に酒が飲めたのに。。

いただいた日本酒、最高に美味しかったです。新年会こそは!来年もどうぞよろしくお願いします。


高野とsceneとcat on the gorillaと山形サンディニスタとCamping Trailer

FILTER、scene、falleaves、コミュニケーションお化け、タカティー、高野。ちんちん。

小山と高野がいるとまーうるさい笑
ずっと笑ってるし。

高野は地元が山形ということで、sceneとcat on the gorilla共同企画に呼んでもらいました。

サンディニスタはオシャレなアウトドアショップのような内装で最高な箱でした。

cat on the gorillaはこれで解散ということだけども、何かしらのかたちで音楽は続けて欲しい。学生時代に音楽に費やした時間は無駄じゃないし、必ず還元されるから。

高野の結婚式でクソみたいに酔って向かったヨンチャで知らない人にウザ絡みしたら全員知り合いですまん!ってお酒を奢ったのが最後の記憶。気がついたら家で全裸で寝てて金はスッカラカンだった。死にたい。


坊隼斗とArbusとおれと名古屋RADSEVENとCamping Trailer

きっかけはArbusのベース、坊隼斗。自分たちの大事なリリースイベントに誘ってくれました。

この日は車が熱暴走して代車を出すという+交通事故で高速通行止のコンボに見舞われてしまいスーパーバタバタな日だった。。

そんなことは微塵のように吹っ飛ぶ素晴らしいイベントだった。

ハードコア最高よね。やっとArbusと共演できて嬉しかった。

隼斗とは旧知の中で、バンド以外でも共通の友人がいたり小山も姉の友人として何故か台湾で出会っている何故だか縁があります。

というより隼斗がそういう人間なのだ。

風来坊のように各地に出現し、スルッと輪に入って居場所を作っていく。

昨年は大変お世話になりました。来年こそ制作依頼します🙏


矢田貝くんとライシネとSOCRE FACTORYとCamping Trailer

Liaroid Cinemaという最高のバンドが大阪にいます。ミサイルのように音が飛び、ステージが爆発するような疑似体験ができるバンドはライシネだけ。

Voの矢田貝くんは小山の前身バンドと共演して以来の仲です。ありがたいことに復活ライブにCamping Trailerも出演させてもらいました。

彼が働く南堀江のソーコアファクトリーに今年は2回出演させてもらいました。実はステージは高低差が大きく、毎回落ちないかビクビクしています…笑

出音が凄くキレイで大好きなライブハウスです。

昨年は大変お世話になりました。またライブしに行きたいし、ライシネとも一緒にやりたいです。今年もどうぞよろしくお願いいたします。


dry as dustとおれとCamping Trailer

ツアーファイナルにdry as dustに出演してもらいました。

僕が函館の大学に通い始めて最初に観に行ったライブがハイボルテージのライブで共演がdry as dustでした。当時ドライアズはまだ函館にいて、函館では知らない人はいないんじゃないかというくらいヒーローでした。誰しもがバンドを始めたての頃に憧れるバンドはあったと思いますが僕にとってのそれはドライアズでした。

大学からオリジナルを始めて、何回か一緒に共演させて貰っていましたが自分から呼ぶのは初めて。

最後打ち上げで当然のように最後まで残ってくださり色々な話をしました。認めてもらえたのかなという気持ちで溢れたのは内緒です。

昨年は本当にありがとうございました。今年もまた一緒にやりましょうね。どうぞよろしくお願いいたします。


まとめ

こんな感じで年間50本ほどのライブをして、地方も沢山行けて年末イベント開催ととても充実した1年でした。本当は仕事のことも書きたかったけど音楽だけでこんなになってしまった😇
こうやってみると音楽だけでも濃い一年だった。。


2018年のCamping Trailer

まだ多くは語る材料がないのだけれども、Camping Trailerは新譜をリリースするべく準備をしています。

僕らは全員が良くも悪くも生真面目かつ繊細。コミュニケーション力ないお化けなので3歩進んで2歩下がるような毎日です。

それだけ大切な時間を大切に使えるメンバーに出会えて最高です。

大変だけど変化してやりくりして必ず爪痕を残せるメンバーです。

メンバーのみんなへ

昨年は大変だったね。ありがとう。今年もよろしくお願いします。


Camping Trailerを気にかけてくださっている皆さんへ

本当にありがとうございます。お互い良い年に来年もしましょう!

2018年もCamping Trailerとえんぴをよろしくお願いいたします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
東京にあるUIデザインの会社で情シスとして働きながら、Camping Trailerというバンドでギターを弾いています。仕事をしながらバンドをするということ、バンドや仕事から得たものを書いていこうと思います。http://camping.strikingly.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。