見出し画像

【取材後記】ユナイテッドさんに「口コミ集客を生む」インターンシップ設計を伺いました。

みなさま、こんにちは!SELECK編集部の榎本(@enomon_s)です。あっという間に4月も後半。もうすぐGWですが、今年は自宅で過ごすので、連休をどのように充実させるか少し悩みそうですね。

「緊急事態宣言」も全国に広がり、リモートワークを開始したばかりの方も多いかと思います。

現在SELECKでは、インタビュー記事と共に、「各社イチオシのリモートハック術」を特別連載でお届けしています。ぜひこちらも参考にしていただけたらと思います。

さて、この4月から「SELECK編集部マガジン」を開始し、初回の取材後記ではGunosyさんの「知の探索」を進める組織の作り方をご紹介しました!

2回目の取材後記として、本日の新着記事、ユナイテッドさんのインターンシップ設計に迫ります!

昨年、20卒サマーインターンでのハイレベルなコンテンツ内容で、学生間に口コミが広がり、なんと告知から開催までのたったの2ヶ月で1,700人の応募を獲得されたとのこと…!

記事はこちら↓

今回は、ユナイテッドさんに本テーマを取材した背景や、事例のポイントをお届けします!

なぜ取材をしたか

若い世代の人口が減り続けるこのご時世。自社の戦力として早期に活躍してもらうため、1人でも多く優秀な人材を発掘するというのは、採用に関わる皆さまにとって至上命題ではないでしょうか。

インターンシップの内容に関しても、各社で趣向を凝らしていらっしゃって、告知をしてあっという間に募集枠が埋まるような有名・人気企業もあることでしょう。

一方で、「なかなか応募が集まらない」「限られた予算で周知をするのが難しい」など、お悩みを抱える企業も多くいらっしゃると思います。

採用市場で知名度が高くない状況や、限られた準備期間と予算で、最大限の成果(応募数やターゲット学生の内定)を生むためには、何がポイントとなるのか。

そういった疑問に対して、とても参考になるのが今回のユナイテッドさんの取り組みだと思い、取材させていただきました。

概要と事例のポイント

今回のお話は、ターゲット学生の間で「口コミ」が生まれ、応募人数が急増するようなインターンシップをどのように設計するか という内容です。

そもそも、ペイドメディアを活用するのが一般的な中で、メイン施策として口コミでインターンシップの応募を増やすという着眼点が、珍しいかもしれません。

ユナイテッドさんは、はじめてのサマーインターン開催で、ターゲット像に合うハイレベルな学生の参加を求めていましたが、下記2点が大きな課題だったそう。

① 当時は採用市場での企業認知度が高くなかったこと
② サマーインターン準備期間が短期間(2ヶ月)だったこと

その解決策として、「難関さ」を重視したコンテンツと待遇面をフックに、ハイレベルな学生間で口コミを醸成することで、最短期間での認知度向上と優秀な学生を集めることに成功されたそうです。

<今回の事例ポイント>

・学生が「どうしても受けたい…!」と切望するようなメリットを、
【学生目線】で分かりやすく提示し、口コミ醸成のフックにする。

・待遇面だけではなく、インターンシップで得られる体験の質の高さや、参加者のみに用意された「特別枠のキャリアコース」新設など、複数のメリットを掛け合わせる。

・自社の強み×先進領域のテーマを設定し、役員自らフィードバックすることで、他社コンテンツとの差別化を図る。【学生目線×企業目線】で相互にメリットが最大化するように設計を行う。

・認知度獲得のため、書類選考では大きく絞り込まず、約1,000名が説明選考会とグループディスカッションに参加。

・開催時期によって
変化する学生層に合わせて【学生目線×企業目線】でコンテンツ内容を再設計する。

具体的に、どのようなインターンシップを設計・実施されたのかは、ぜひ本日の記事にてご確認ください!

さいごに雑感

今回の取材で特に印象的だったのは、新卒採用を担うメンバーは3名にも関わらず、準備期間2ヶ月で1,700名の応募者から、厳密な選考を経てサマーインターン参加者の48名を選ぶという、その「コミット力」でした。

実際、本選考にもサマーインターンの良い影響が出て、20卒採用では700名ほどだった応募者が、21卒採用では3,000名を超えているとのこと。

3名体制では莫大に選考工数が増えるのではと思いましたが、RPAの導入などもあり、特に支障なく対応できているそうです。

今回、ユナイテッドさんでは、口コミを上手く醸成するという戦略を取られていますが、きっとどの企業でも口コミは大きな武器になると思います。

単に「待遇面を充実させれば良い」ということではなく、多角的に学生・自社の相互のメリットを検討して、より良いインターンシップ設計の参考にしていただけたらと思います。

引き続き、新着記事の更新や、マガジン限定のナレッジを発信していきます。SELECK編集部マガジン、よろしければフォローお願いします🤲

SELECK公式SNSはこちら!

Twitter:https://twitter.com/SeleckOfficial
Facebook:https://www.facebook.com/seleck0525/
Instagram:https://www.instagram.com/seleck_official/
LINE:準備中です🥚
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです✨ありがとうございます🎉
7
RELATIONS株式会社で「SELECK(https://seleck.cc/)」というWebメディアの編集部に所属。社外でいろいろな方と出会ってお話しする時間が好き。noteでは主にSELECK記事の裏側をご紹介しています^^

こちらでもピックアップされています

SELECK編集部マガジン
SELECK編集部マガジン
  • 24本

SELECK編集部の公式マガジンです。ライターによる新着記事のポイント解説や、コミュニティ活動のご報告など、マガジン限定の情報発信を行います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。