見出し画像

グルメ好き、旅行好きのスペイン語学習者におすすめのYouTube番組

今回はお題「習慣にしていること」について書いてみようと思います。

最近習慣にし始めたことがあります。それは、好きなYouTuberの番組を毎日見ることです。

夢を叶えたかったら、その夢をすでに叶えている人の真似をすること。その(憧れの)人だったらこの場合どうするだろうか?って考えながら行動すること。と言ったような話をよく聞きませんか?真似するだけでなく、その人のイメージをしたり写真を見たりして視覚から脳に情報を送るだけでも近づけるんだそうです。先日読んだばかりの本「神メンタル」にも同じようなことが書いてありました。

私はこれまでに憧れの人といってパッと思いつくような人がいませんでした。でも最近「あっ、この人をお手本にして見習いたいな」って思うような人、憧れとはちょっと違うけどそういった人が出てきたんです。

その人がCoreano Vlogsというチャンネルを持っている、メキシコ在住韓国人のCristian(クリスティアン)です。誰やねん?!って感じかもしれませんが、スペイン語圏の人々の間では多くのファンを持つ大人気のYouTuberなんです。

番組ではメキシコをはじめ、アメリカや南米の食べ物やグルメに関わることを主に、韓国人という外国人目線で紹介しています。

私はYouTuberになりたいわけではないのですが、ブログで海外の料理について書いたりしているので、外国人目線での伝え方っていうのにすごく興味があるんですす。他にもそういったことをしているYouTuberはたくさんいるけども、ではなぜCristianがいいのか。

彼は韓国人なのにスペイン語がネイティブ並みにペラペラなんです(これだけでも憧れ)。アジア系外国人の話すスペイン語で聞き取りやすく、難しい言葉を使っていないから私にとってはわかりやすいです。そして元気によく喋る!こっちまで明るい気分になります。話の繋げ方も上手で、それを知らない人の気持ちになってちゃんと感想を述べたりリポートをしている。

この太字の部分こそが、ブロガーやYouTuberのように世間へ物事を発信する人にとってはとても大事なことであり、どんな人にも楽しんでもらえるような番組や記事になるのだと思うんです。だから私は、彼の伝え方というのを見習いたいわけなんですね。

CristianはもともとJEKSという韓国人女性と、Juanというコロンビア人男性の3人で、K-TEAMというグループを組んで番組をやっていました。この番組では南米を主に旅して、各国のグルメや観光地などを3人でスペイン語で紹介。さらにはJEKSとJuanの恋の行方みたいなのも、演出だったかもしれないですが視聴者を気にさせる展開で面白かったんです。私はこの頃から彼らの番組を見ていたのですが、いつしかK-TEAMは解散してしまい、それぞれがYouTuberとして活躍するように。中でもCristianはその後YouTuberとしての才能をどんどん開花させていって今に至っているような気がします。

グルメ好き、旅行好きのスペイン語学習者ならきっと楽しめる番組だと思いますので、興味があれば見てみてくださいね♪番組は大体1本10〜15分ぐらいです。番組数は実に470本以上!現在でも頻繁に番組アップ中です。

というわけで、私はCristianの番組を1日に1本見ることを習慣にし始めたというお話でした。

見出しの写真:メキシコシティ、セントロ地区の飲み屋で飲んだ謎のビール「ゴミチェラ」グミのGomaとビールのChelaがミックスされたネーミングと思われます。


この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
¡Gracias!
11
メキシコ生活経験約5年、スペイン語学習歴およびラテンと関わること20年以上!スペイン語圏の人たちと多く関わり、何かしらの方法で毎日スペイン語に触れるなどのラテン活動を行っています。その中での気づきや思ったこと、ラテンのグルメや音楽、旅行など様々なテーマで書いていきます。

こちらでもピックアップされています

Español
Español
  • 1本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。