見出し画像

料理レシピの素朴な疑問から、人間の感覚のいい加減さについて(おまけの疑問つき)

私は結構、料理を作ります。
なので、今のようにネットにレシピがいっぱい掲載されているものも参考にします。ただ、最近はクックパッド系は少し意識的に避けるようにしてるかも。

別にクックパッドに掲載されているレシピが悪いというわけではなくて、ある程度、正当なレシピを他のところで探して、一度それで作ってみるのをトライしてみてから(またはそれが無理だなと思ってから)クックパッド系でどこまで手が抜けるかを調べるみたいな感じに、使い分けてるといえばいいかな。で、結局クックパッド系のレシピに落ち着いたり、ちゃんと作ったり。。。

で、レシピを使っていて(改善されつつあっても)やや不思議に思う疑問を2つほど。
そしてさらに、おまけとして料理番組への素朴な疑問も。。。

▶︎1つ目の疑問:野菜の量などのアバウトさ

料理を作る上で大事な要素の一つは当然ながら味付けです。なので、調味料の分量ってのは大事ですよね。
そして、調味料の分量は、本体の具材の量に対応しているはずです。
ここで、考えるべきことは2つのポイントがあるはずです。

調味料の分量が正確か
具材の分量が正確か

まずは、調味料の分量ですが、大さじ、小さじとけっこう正確に指示されます。で、さじでの計量って正確なのは液体の時だけで、実は粉末状のものだとけっこうアバウトになるってことはご存知でした?
砂糖や塩での誤差はまだしも(でもそれだってちゃんとすりきりをしたりしてる人はどれほどいます?)ともいえますが、粉類になると同じ容量でも重さは相当違いが出てきてしまいます

このことについては、たとえば「Cooking for Geeks 料理の科学と実践レシピ」というすばらしい料理本には、料理の材料の量は重さに統一した方がよい、と指摘しています。その方が明らかに正確になるのは間違いないところでしょう。もちろん、重さにすると常に秤が必要になるという大きなデメリットもありますけどね。

▶︎なんで野菜は個数単位なの?

で、私が疑問なのは、レシピってのは、とりあえず調味料の類は、けっこう量を細かく書く割に、具材側の量はアバウトなのはなんでなのか?ということです。
鳥もも肉1枚とか、玉ねぎ1個とか、相当重さに違いがありそうなのに、このアバウトさは何?

最近のレシピだと野菜であっても重さを併記するものが増えているので改善されているのもたしかですが、基本、このアバウトさは不思議です。もちろん、野菜などに関しても、中ぐらいの大きさだと重さはどれくらい、という基準があっての表記なのでしょうが、その基準をみんなが知ってるものなのでしょうか?(でも料理のレシピ本などにそういうことが書いてあることってあまりないように思う)

ちょっと算数っぽいことも付け加えてみるとするなら、たとえば野菜の重さであっても、直径5センチのものが直径6センチになれば、体積は1.7倍程度違うってことに気づけば、一回りの違いが実は相当分量の差を産んでいるってことがわかります
だから、1個、それが中くらい、といっても、その人の感覚で相当違うはずなんですよね。

具材側が簡単に5割くらい分量が変動しかねないのに、調味料だけ正確な数値っていうのに、なぜみんなは疑問を持たないのか、、、不思議です。。。
料理は最初はちゃんと作っているうちに味付けの自分の好みがわかってきて、そうなれば目分量や調整が効くようになります、とかいいますが、そもそものちゃんと作ってのところが、どれくらい精度があるのよこれ、って話でした。。。

▶︎2つめの疑問:ミリ単位ってわかる?

レシピで、具材の切り方なんかで、こういう表現よく見かけますよね。

1、2ミリの薄切り
5ミリ程度の厚さに、、、
1センチ程度のサイコロ状に。。。
2センチ程度の厚切り。

おそらく、単に薄切り、厚切り、サイコロ状にといった表現では幅が出そうだから、数値を添えた方がより正確になるに違いない、という配慮なのでしょう。

でも、これって本当に正確なのでしょうかね?

書籍のレシピの場合は、チェックしてるかもと思うのですが、テレビ番組でその場で言ってる場合、それもアナウンサーが1センチくらいですかね、とか言っている場合は、どの程度あてになるのか、という気分になります。

で、さらに問題ではないかと思うのは、作る側はこの大きさってわかってるのかってことw
5ミリとか1センチって、本当に伝わりますかね?

料理をする人は玉ねぎやキュウリを5ミリの厚さに切るってのを普段の感覚でやってみてから、定規で測ってみてください。けっこう自分の感覚がアバウトであることに驚くと思います
私の場合は、厚めにしてしまいがち。。。

よく10秒や1分を時計なしに測れますか、っていって、やってみたらけっこう誤差が出るのと一緒だと思うのです。

伝えようとする側、伝わる側の2段階で不正確さが積み重なりそうな、でも一見正確に伝えていそうにみえる、これは料理を作る上で、なかなか侮れない罠ぢゃないかと思います。

▶︎おまけの疑問:料理番組で使ってる食材ってどんなの?

これは単に知りたいだけというか。
料理番組は当然のように料理を作るわけですが、そこで使っている食材ってどこで買ってるんでしょうかね。

特に気になるのは肉類です。
お安いお肉でも十分美味しくできますヨォ、、、とか言っている、その手元の肉はどの程度のグレードなんだ?とか思っちゃうわけですよ。

最近だと一食いくらでといったレシピも作ってみせたりしますが、それだって、本当にその値段と同等の材料を使ってるのかしら、とか思うことがあったり(なんとケチくさいんだ自分、、、
実際、見てくれのためにそこそこ良い材料を使ってるとかないのかな、、そういったあたりもう少しわかったら面白いかも。。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
なんでもや 音楽、美術、理科系、三題噺などの原稿書きご依頼いただければ迅速対応いたします。。。

こちらでもピックアップされています

食べ物
食べ物
  • 24本

週に一回、今週の食べ物関連で作ったり、気になったりして写真に撮ったものを掲載していきます。

コメント (1)
爆笑しました。
お菓子は正確に計らないと美味しくできないって言うけど、お料理は誰しもテキトーですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。