見出し画像

【独学】ある日突然、海外駐在を告げられた私がTOEICスコア280点→850点を取得するまでに使用した参考書10選

みなさん、こんにちわ。Bapakと申します。
私は現在、某商社に勤めており、noteで主に英語や育児に関する記事を執筆しています。
そんな私ですが、2018年に突然の海外駐在を告げられ、2年間東南アジアで駐在員として勤務しておりました。全く英語ができない、もともと”TOEIC280点だった”にも関わらずです。
英語の学習の基礎固めとして、TOEICスコア850点を取るまでに使用した参考書を書いていこうと思います。

TOEICとは何かについてはこちらをご覧ください。

また、単純に高得点を取りたい方は、
「TOEIC 高得点 勉強方法」で検索をすれば解決してくれる優秀なネイティブの方々が沢山おりますので、そちらを参考にして頂くのが一番早いと思います。

このnoteは、最適化した勉強方法の提供ではなく、
・留学経験ゼロ
・TOEIC 280点
・私立文系卒30代凡人
が、中学英語から再勉強し、独学のみでTOEICスコアを280点→850点と倍増させることができた。

これが2016年に受験した時のスクショ(当時は全く解答できませんでした・・・)

画像1

そしてこちらが勉強開始後、850点を取得した際のスクショです(東南アジアの現地で受験しましたが試験の形式は日本と同じ新形式のTOEICです)

画像2

事実を記すことで、

「今TOEICを頑張っているけど成果が出ない」
「これから頑張ろうとしているけど自分にできるか不安・・」という方々に対して、
元気を与えることができればという趣旨です。

結論、TOEICはどんな方でも愚直に続ければ、必ず高得点を達成できます。

これから就活を控える学生の皆さん、昇格や駐在に備えるサラリーマンの皆さん
子育てを行いながらも英語を勉強しているママさん等、にお伝えしたいと思います。

1.【入門書:文法】中学英文法を修了するドリル

2.【入門書:単語①】ゼロからスタート英単語 BASIC1400

3.【入門書:単語②】キクタンTOEIC L&Rテスト SCORE600

4.【入門書:リスニング】公式TOEIC Listening&Reading プラクティス リスニング編

5.【英文法】TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

6.【単語】TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ 

7.【リスニング】公式 TOEIC Listening&Reading 問題集5

8.【リーディング】公式 TOEIC Listening&Reading 問題集6

9.【仕上げ】TOEIC L&Rテスト 直前の技術

10.【仕上げ】公式 TOEIC Listening&Reading 問題集4

学習方法

【単語】
英語、特にTOEICに関しては「ある一定の語弊力をいかに早く身につけるか」によってその後のスコアの伸びが大きく変わってきますので、学習開始当初は優先的に取り組んで下さい。
「ある一定の」の目標となる”一つの目安”が「6.【単語】TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ 」です。その他の掲載している参考書籍は基礎部分を補う上で活躍してくれますので、参考にしてください。

【文法】
入門書をしっかり理解した上で、後はひたすら「5.【英文法】TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問」をこなしていって下さい。文法問題が即答できるようになると、その後の長文問題に割ける時間が飛躍的に増加しますので、反射的に解けるレベルまで持っていきましょう。

【リスニング】
入門書をしっかり理解した上で、公式問題集を使ってシャドーイングを行うのがオススメの勉強法です。シャドーイングのやり方についてはこちらをご覧下さい。

【リーディング】
リーディングは慣れの要素も大きいので、公式問題集をしっかり理解できるまで解いて下さい。英文に慣れるという意味では、ポリグロッツを活用するのもオススメです。自身の興味のある題材を中心に流し読みするだけでもOKです。

【仕上げ】
公式問題集を使って時間をはかって模試感覚で解答をしてみるのもオススメです。また、「9.【仕上げ】TOEIC L&Rテスト 直前の技術」をはじめとする各種TOEIC対策本については「Kindle Unlimited」で講読することも可能ですので、こちらも是非試してみてください。(※講読可能な書籍は随時変更されますので、あらかじめ確認をして上で登録することをお勧めします)

まとめ

自分はエリートでもないし、最適化した勉強法を提供できるわけでもないですが、「TOEIC」という一つの目標に、励んでいる方、これから頑張ろうと思っている方に、元気が与えられたらいいなと思います。

大事なポイントは3つ。

①色々な参考書を試さない。一つの参考書を愛し抜く
気持ちは十分分かりますが忘却曲線を考えると、同じ参考書をずーっとやり続けたほうが効果あります。騙されたと思って真似してみてください。
また、より良い参考書を調べることに時間を費やす時間は本当に勿体なく本末転倒なので、本記事に掲載されている参考書のみを信じて是非取り組んでみてください。何も考えずにこの10冊だけやってみてください。

②3〜6ヶ月くらいで、期限を設定
→短すぎても目標達成は難しいですが、長すぎてもやる気が続きません。

その代わり生活における優先順位を一番にしましょう。
時間がないという方、
・朝起きる時間を少し早くする
・通勤・通学時間
・家でだらだら携帯を触っている時間
・寝る前の30分。
これらを学習の時間に変えるだけでかなりの時間を創出できると思います。

③絶対やるという強い意志・危機感
→毎日学習を続けることが一番の近道。

周りに宣言をすることも一つの方法です。
正直他人は自分の点数なんかどうでも良いと思っていますが、
公言することで逃げられない状況に追い込みましょう。
私も試験結果はすべて自身のFacebookに掲載していました。

TOEICに限らず、目標を設定→達成した瞬間の感動は何にも変え難いです。
ぜひ頑張りましょう!!!


TOEICを卒業し、スピーキングテストにチャレンジしたい!と考えている方はアルクのTSSTがオススメです(※詳細は下記記事参照)


この記事が参加している募集

読書感想文

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
19
某商社で人事の仕事をしています。東南アジアに海外駐在経験あり。社会保険労務士/FP/商社マン/一児のパパ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。