鹿児島マイライフオオニワ20171114-1024x724

冬のお風呂にご注意ください!

2ヶ月って早いですね、、、笑
今回は!ヒートショック対策について、お願いのブログです。

そもそもヒートショックって知ってますか?
地域のおじいちゃんおばあちゃんからは
「知らなーい」
がほとんどでした。

ヒートショックとは
「急激な温度変化によって身体がダメージを受けること」
だそうです。*日本医師会HPより
例えば、寒い冬の日に、暖かい茶の間などにいて、急に極寒の脱衣所へ行く。そして服を脱いでさらに極寒になり、寒いから一気に浴槽に浸かる。
すると、急激な温度(血圧)の変化で、心臓などに負荷がかかって、最悪の場合死に至るんだそう。

ここで驚くべきデータが2つ。

①ヒートショックが原因と思われる冬の死亡者数は、交通事故の死亡者数の約4倍以上

②冬の死亡者数増加率、日本1位はなんと、栃木県

①は、単純に日本中でもめっちゃヒートショックで亡くなる人が多いですよっていう話です。そして、②は、
栃木県が雪国と比べ寒さに備える意識は低いけど、冷え込みが厳しく、お風呂場を北側に作る構造が多いこともあって、冷え切った脱衣所と湯船の温度差が大きいということみたいです。

ヒートショックの知識を整理したところで、本題です。
これって、ちょっとした声かけや習慣で変えられそうじゃないですか?

対策は後半にまとめますが、ちょっとした対策「例えば湯船に入る前に手足の先からかけ湯をする」などで、十分リスクは回避できるんです。
それでも、年間に推計1万7千人以上の人がヒートショックと思われる事故で亡くなっているんです。

なら、僕らのすべきことは単純です。
情報を広めましょう。
まずは家族や、近くの人から。
ヒートショックの死亡者数の9割は高齢者と言われています。
電話でもいいから、おじいちゃんおばあちゃん・お父さんお母さんに、伝えましょう。

対策をまとめます。(諸説ありますが、公式のものを提示します。詳細や根拠をもっと知りたい人は、ぜひ調べてください)
今回は【地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター】さんを参考に、簡単にできる順で

①入浴前にかけ湯をする
 湯船に入る前に、手足の先からかけ湯をする習慣をつけましょう。
②シャワーでのお湯はり
 高い位置にシャワーを設置し、お湯を張ることで浴室全体が温まります。
③お風呂の温度は41℃以下
 入浴時間は10分以内が良いとされています。また、入浴時に、同居者がい
 れば一声かけましょう。
④夕食前・日没前の入浴 
 午後2時から4時の入浴が推奨されています。食事直後・飲酒後の入浴は
 控えてください。
⑤脱衣所などに暖房器具を置く
 家屋内でも適切に暖房器具を使用しましょう。特に急激に寒くなる脱衣
 所・トイレなどは注意してください。

新しい暖房器具具を置く、とかは少しハードルが高いですが、かけ湯の習慣やお湯のため方は今日からできます。
情報を伝えてくれる人が増えれば、全国ワースト1位が栃木県なんていう数字も変えられます。
年間で1万人以上の事故死の数も、ちゃんと変えていけるはずです。

今年の冬から、みんなで本気で変えていきましょう。
まずは周りの人に、声をかけていくところから。

参考:https://www.asahi.com/articles/ASKD865HYKD8UBQU01J.html
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160120kouhyou_2.pdf
https://www.tmghig.jp/research/publication/heatshock/
  http://www.kagoshima.med.or.jp/people/topic/2010/308.htm

  

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
一般社団法人えんがお と言う法人をやってます。 若者の力で高齢者の孤立化の予防と解消ができる地域の仕組み作りに取り組む法人です。 一人暮らしのおじいちゃんおばあちゃんとたくさん関わります。 その中で教わったことや気づいたことをベースに、想いを乗せて発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。